はろのまぎあ@web クロノマギアのデッキ紹介、攻略情報など幅広く紹介してるゲーム攻略サイトです。

この記事は、過去のバージョンの内容で記載されています。現在のバージョンでは一部内容がそぐわないものがある可能性がありますのでご了承くださいませ。

2019.1.1
デッキ紹介
Ver.2.2.1環境対応・おすわり・アニマルルルナ
作成者
konyaさん
デッキコード
123876
能力者
ルルナ - Luluna
ギア
おすわり!
 
獣の呼び声
 
野生の力

デッキレシピ

ルカ
ルカ
猪八戒
猪八戒
獣王の軍師チュウタツ
獣王の軍師チュウタツ
孫悟空の分身
孫悟空の分身
和龍喚士の弟子エリカ
キマイラ
剛弓の狩人オリオン
剛弓の狩人オリオン
英獣ブンエン
英獣ブンエン
魔導書の幻魔イルミナ
黄金の林檎
黄金の林檎
アイギスの盾
黒海王の鉤爪
畳返し

デッキレシピとギアの画像

※画像をクリックすると、拡大して表示されます。

デッキのレアリティ

L 3
SR 5
R 6
C 6

デッキを1から作成するのに必要なピース数

スペード 8,850
ハート 1,000
ダイヤ 2,850
クラブ 4,000
トータル 16,700

カードごとの生成コスト

カードセット レア度 カード名 ピースのスート 必要ピース数
パズルアンドドラゴンズ C ルカ スペード 50
パズルアンドドラゴンズ C ルカ スペード 50
凰牙の聖戦 R 猪八戒 スペード 250
凰牙の聖戦 R 猪八戒 スペード 250
凰牙の聖戦 SR 獣王の軍師チュウタツ スペード 1000
凰牙の聖戦 SR 獣王の軍師チュウタツ スペード 1000
エクストラパック C 孫悟空の分身 スペード 2000
エクストラパック C 孫悟空の分身 スペード 2000
パズルアンドドラゴンズ R 和龍喚士の弟子エリカ ダイヤ 250
スタンダード R キマイラ スペード 250
スタンダード L 剛弓の狩人オリオン クラブ 2000
スタンダード L 剛弓の狩人オリオン クラブ 2000
凰牙の聖戦 SR 英獣ブンエン スペード 1000
凰牙の聖戦 SR 英獣ブンエン スペード 1000
パズルアンドドラゴンズ L 魔導書の幻魔イルミナ ダイヤ 2000
スタンダード C 黄金の林檎 ダイヤ 50
スタンダード C 黄金の林檎 ダイヤ 50
スタンダード R アイギスの盾 ダイヤ 250
パズルアンドドラゴンズ SR 黒海王の鉤爪 ハート 1000
凰牙の聖戦 R 畳返し ダイヤ 250

デッキ分析

カードの種類

タイプ/スート分布

1枚のカードで複数タイプ/スートを所持する場合はそれぞれを1ずつカウント
1枚のカードが同一のタイプ/スートを複数所持する場合は1としてカウント

コスト分布

ライフ分布

アタック分布

デッキのコンセプト

ルルナのMP回復力と獣タイプの物量、ギア3のバフで相手を無理やり押し込んでいく獣統一ルルナデッキです。
ギア1・2を含めて盤面の展開力が高く、3体並べての野生の力でとにかく高ステータスのクリーチャーを作り出すのが楽しくなります。

基本的な立ち回り

序盤はスペードタイプのクリーチャーを1体出してはおすわりで隠れていきます。
相手のステルス対策を躱しつつ、こちらのクリーチャーを盤面に3体並べてから野生の力で一気にバフをかけていきます。
野生の力は特にライフが2上がるため、クリーチャーの生存率が一気に上がります。
これを活かしてライフ2桁以上のバケモノを作り出し、最終的にはワンショットで決められるようにしていきます。
また、チュウタツはアグロデッキに対する切り札ですのでマリガンでは積極的に確保しておきたいカードです。
ブンエンやキマイラなどの高防御クリーチャーに挑発を付与するだけで、安心感がかなり変わってきます。
挑発の上から野生の力を重ね掛けすればそうそう負けることはないでしょう。

苦手な相手やカードなど

バフをすべてなかったことにしてくれるウラノス、そしてそれを活用するウンチョウライザーは苦手とするところです。
最近はほとんど見かけなくなりましたが、それでもバフ盛りデッキの弱点であるウラノスには気をつけたいところです。
また、ハンドブレードを採用したアグロミルはブンエン・チュウタツをどれだけ早く揃えられるかの勝負になります。

代替カード

孫悟空の分身はカード単価が高いので、どうしても揃えられなければ 虎将軍ゲンジョウでも最悪どうにかなります。
ただ、できればクリーチャー除去のための攻撃力がほしいところですので、カードを確保できるなら孫悟空の分身を採用したいところです。
また、おすわりルルナの定番といえば 疾風の獣戦士アタランテーがいます。マジックと同じような感覚で使いつつ、おすわりで盤面に残すこともできる便利なクリーチャーです。

この記事へのコメント

コメントはまだありません。

コメントを投稿する

内容をご確認の上、送信してください。