はろのまぎあ@web クロノマギアのデッキ紹介、攻略情報など幅広く紹介してるゲーム攻略サイトです。

2020.2.28
デッキ紹介
ウミサチ・ジャッジメントダルフ
作成者
ナナリスさん
デッキコード
133868
能力者
デュランダルフ - Durandalf
ギア
千里眼
 
時の歯車
 
ジャッジメント
デッキの評価や傾向
※あくまでサイト管理人の主観的なものです。
デッキの作りやすさ
★ 非常に作りづらい(使用ピース25,000以上)
状況対応力
★★★★ 柔軟な対応が可能
デッキの指向
通常デッキ

デッキレシピ

瞬刻の白龍喚士ソニア=エル
瞬刻の白龍喚士ソニア=エル
零龍喚士ネイ
零龍喚士ネイ
スーパーノエルドラゴン
漁猟の神ウミサチヤマサチ
漁猟の神ウミサチヤマサチ
春風の女神ヘーラー
春風の女神ヘーラー
六天の星霜龍ヘキサゼオン
六天の星霜龍ヘキサゼオン
滅火の九龍喚士エナ
滅火の九龍喚士エナ
五晶の神秘龍コトダマ
五晶の神秘龍コトダマ
聖夜のサンタクロースヘラ
アルテミスの矢
アルテミスの矢
畳返し
畳返し

トークンカード・進化後カード

灯龍喚士マイネ
天竜飛翔

デッキレシピとギアの画像

※画像をクリックすると、拡大して表示されます。

デッキのレアリティ

L 9
SR 7
R 4
C 0

デッキを1から作成するのに必要なピース数

スペード 12,000
ハート 11,000
ダイヤ 2,500
クラブ 500
トータル 26,000

カードごとの生成コスト

カードセット レア度 カード名 ピースのスート 必要ピース数
パズルアンドドラゴンズR SR 瞬刻の白龍喚士ソニア=エル ダイヤ 1000
パズルアンドドラゴンズR SR 瞬刻の白龍喚士ソニア=エル ダイヤ 1000
パズルアンドドラゴンズ L 零龍喚士ネイ スペード 2000
パズルアンドドラゴンズ L 零龍喚士ネイ スペード 2000
パズルアンドドラゴンズR SR スーパーノエルドラゴン ハート 1000
エクストラパック L 漁猟の神ウミサチヤマサチ スペード 2000
エクストラパック L 漁猟の神ウミサチヤマサチ スペード 2000
神々の招集者 SR 春風の女神ヘーラー ハート 1000
神々の招集者 SR 春風の女神ヘーラー ハート 1000
パズルアンドドラゴンズR L 六天の星霜龍ヘキサゼオン ハート 2000
パズルアンドドラゴンズR L 六天の星霜龍ヘキサゼオン ハート 2000
パズルアンドドラゴンズR L 滅火の九龍喚士エナ スペード 2000
パズルアンドドラゴンズR L 滅火の九龍喚士エナ スペード 2000
パズルアンドドラゴンズR SR 五晶の神秘龍コトダマ ハート 1000
パズルアンドドラゴンズR SR 五晶の神秘龍コトダマ ハート 1000
エクストラパック L 聖夜のサンタクロースヘラ ハート 2000
スタンダード R アルテミスの矢 クラブ 250
スタンダード R アルテミスの矢 クラブ 250
凰牙の聖戦 R 畳返し ダイヤ 250
凰牙の聖戦 R 畳返し ダイヤ 250

デッキ分析

カードの種類

タイプ/スート分布

1枚のカードで複数タイプ/スートを所持する場合はそれぞれを1ずつカウント
1枚のカードが同一のタイプ/スートを複数所持する場合は1としてカウント

コスト分布

ライフ分布

アタック分布

デッキのコンセプト

通常の千里眼デュランダルフにウミサチヤマサチとヘーラーを加え、リーサルにギア3ジャッジメントを組み込めるよう構築したデッキです。
序盤はヘーラーやエナ、ヘキサゼオンで盤面維持しつつ、中盤以降でウミサチやコトダマで盤面・山札の補強を行っていき、千里眼で相手の手札や盤面を見ながらスキを見計らって4スート揃えてギア3ジャッジメントを打ち込んでいきましょう。

基本的な立ち回り

マリガンではソニアエルやヘーラー、エナ、ネイを確保します。
先手で仕掛けるならヘーラーまたはネイで、反撃を抑えつつ相手のセットに合わせてエナ、そして相手の盤面を除去しつつソニアエルやセットして竜天飛翔を確保するのがよいです。
中盤はヘキサゼオンでシールド+挑発を準備しつつウミサチで山札を戻し、耐久していけるよう盤面を作っていきます。状況に合わせてギア1千里眼でうまく相手の攻撃をかわせるような盤面にしたり、ギア2時の歯車でウミサチの生存率を上げるのもありです。
また、ネイでクリーチャー撃破することでライフを獲得できるので、ライフに不安がある場合は序盤に使わず中盤以降に使っていくのもありです。序盤に使用したカードはウミサチで回収できるので、終盤でも使い回せることを頭の片隅に入れておきたいです。

リーサルはウミサチが盤面にいる状態からヘーラーをサモンからのギア3が理想ですが、相手にドロー系の効果が多いデッキであればLOまで耐えてからの一斉攻撃でも構いません。
こちらは相手の手札とセットカードを見る方法があるので、しっかり観察して相手の攻撃が届かないタイミングを見計らって仕掛けていきましょう。

この記事へのコメント

コメントはまだありません。

コメントを投稿する

内容をご確認の上、送信してください。