はろのまぎあ@web クロノマギアのデッキ紹介、攻略情報など幅広く紹介してるゲーム攻略サイトです。

2020.5.29
デッキ紹介
テオール踏み倒しリーリア
作成者
ひとみゴウさん
デッキコード
173819
能力者
リーリア - Lilia
ギア
平手打ち
 
豊穣の守り
 
大地の波動
デッキの評価や傾向
※あくまでサイト管理人の主観的なものです。
デッキの作りやすさ
★★★ 普通(使用ピース15,000〜20,000)
状況対応力
★★★ 標準
デッキの指向
ファン/コンセプトデッキ

デッキレシピ

大天狗
大天狗
帝国の守護神アテナ
帝国の守護神アテナ
死の大天使サリエル
死の大天使サリエル
降三世明王
降三世明王
戦機王マシンゼウス
戦機王マシンゼウス
光の乙女ヘーメラー
貴紳の弦龍楽土テオール
貴紳の弦龍楽土テオール
パラディウムの加護
パラディウムの加護
忘却の椅子
世界樹の舞
世界樹の舞
黄金の林檎
黄金の林檎

デッキレシピとギアの画像

※画像をクリックすると、拡大して表示されます。

デッキのレアリティ

L 5
SR 8
R 2
C 5

デッキを1から作成するのに必要なピース数

スペード 8,000
ハート 150
ダイヤ 6,100
クラブ 4,500
トータル 18,750

カードごとの生成コスト

カードセット レア度 カード名 ピースのスート 必要ピース数
凰牙の聖戦 SR 大天狗 スペード 1000
凰牙の聖戦 SR 大天狗 スペード 1000
パズルアンドドラゴンズR SR 帝国の守護神アテナ スペード 1000
パズルアンドドラゴンズR SR 帝国の守護神アテナ スペード 1000
神々の招集者 L 死の大天使サリエル スペード 2000
神々の招集者 L 死の大天使サリエル スペード 2000
パズルアンドドラゴンズR SR 降三世明王 ダイヤ 1000
パズルアンドドラゴンズR SR 降三世明王 ダイヤ 1000
パズルアンドドラゴンズ SR 戦機王マシンゼウス ダイヤ 1000
パズルアンドドラゴンズ SR 戦機王マシンゼウス ダイヤ 1000
スタンダード L 光の乙女ヘーメラー ダイヤ 2000
パズルアンドドラゴンズR L 貴紳の弦龍楽土テオール クラブ 2000
パズルアンドドラゴンズR L 貴紳の弦龍楽土テオール クラブ 2000
スタンダード C パラディウムの加護 ハート 50
スタンダード C パラディウムの加護 ハート 50
スタンダード C 忘却の椅子 ハート 50
パズルアンドドラゴンズ R 世界樹の舞 クラブ 250
パズルアンドドラゴンズ R 世界樹の舞 クラブ 250
スタンダード C 黄金の林檎 ダイヤ 50
スタンダード C 黄金の林檎 ダイヤ 50

デッキ分析

カードの種類

タイプ/スート分布

1枚のカードで複数タイプ/スートを所持する場合はそれぞれを1ずつカウント
1枚のカードが同一のタイプ/スートを複数所持する場合は1としてカウント

コスト分布

ライフ分布

アタック分布

デッキのコンセプト

貴紳の弦龍楽土テオールを軸に、それ以外のクリーチャーはほぼすべて6コスト精霊クリーチャーで構成するファッティデッキです。
コスト踏み倒しを成立させるために、パラディウムの加護や忘却の椅子を用意し、相手が破壊しないと盤面を処理できないようにしています。
6コスト精霊クリーチャーは単体で優秀なクリーチャーが多く、特に状態異常無効持ちが多数いるため、除去魔法がバウンス・防御力固定に限定されるので、相手によってはかなり優位に戦えるデッキです。

基本的な立ち回り

マリガンではテオール、世界樹の舞を全力で確保します。
なにかしら確保できたら、2ターン目から舞+テオールをセットし、次ターン手札に6コスト精霊クリーチャーが3枚いるなら1枚セットしましょう。
そのままテオールが破壊され、盤面に6コスト精霊クリーチャーが3体並べばギア3からの一斉攻撃で盤面確保やカウンターを決めることができます。
テオールが能力者を攻撃し、盤面に大天狗を含む精霊クリーチャー3体たときの火力が
テオール5 + ギア3固定1 + 天狗5 + クリーチャー4+2+2 + クリーチャー4+2+2 = 5+5+8+8+1 = 27/23/19
※大天狗以外のクリーチャーは、降三世明王以外の攻撃力4クリーチャー
となります。ここにサリエルが絡むと、防御2の能力者はすべて1ショット圏内となります。テオール攻撃時にギア1平手打ちを入れておくと、防御0・1能力者も1ショット圏内に入ってきます。

もちろん、こんなミエミエのカウンターはそうそう決まるものではないのですが、6コストクリーチャーを黄金の林檎でサモンしたり、ヘーメラーでギア3盤面を作ったりすることでかなりの火力を出すことができます。
テオールからのギア3は狙い筋として常に頭に入れておきたいです。

カウンターを狙えなかった場合は、ひたすら盤面のやりとりに終始することとなります。
こちらは高ライフなクリーチャーが多く、状態異常無効も備えているため、比較的盤面にクリーチャーを残しやすいです。
相手が処理しきれないぐらいの物量で押しつぶすのが理想ですが、6コストクリーチャーを盤面に供給しつづけることは難しいので、盤面クリーチャーを大事に活用していきましょう。
計算を狂わせやすいクリーチャーは闇アテナのシールド付与、マシンゼウスのライフ7、サリエルのライフ8,降三世明王のライフ7・反撃などがあります。

この記事へのコメント

コメントはまだありません。

コメントを投稿する

内容をご確認の上、送信してください。