はろのまぎあ@web クロノマギアのデッキ紹介、攻略情報など幅広く紹介してるゲーム攻略サイトです。

2020.3.14
デッキ紹介
セブンライザー
作成者
羊さん
デッキコード
173078
能力者
ライザー - Raizer
ギア
ナイフアタック
 
補給物資
 
ソウルイーター
デッキの評価や傾向
※あくまでサイト管理人の主観的なものです。
デッキの作りやすさ
★★★★ 作りやすい(使用ピース10,000〜15,000)
状況対応力
★★ 対応力が低め
デッキの指向
ファン/コンセプトデッキ

デッキレシピ

スピカ
スピカ
最強の武士タダカツ
三竜将ウンチョウ
焦槍の灼手神マッハ
魔人将ホウセン
天空竜ウラノス
パラディウムの加護
パラディウムの加護
玩具竜の夢
世界樹の舞
世界樹の舞
アルテミスの矢
アルテミスの矢
パンドラの箱
黄金の林檎
ゼウスの雷
ゼウスの雷
魔槍グングニール
魔槍グングニール

デッキレシピとギアの画像

※画像をクリックすると、拡大して表示されます。

デッキのレアリティ

L 4
SR 3
R 9
C 4

デッキを1から作成するのに必要なピース数

スペード 300
ハート 100
ダイヤ 2,550
クラブ 10,500
トータル 13,450

カードごとの生成コスト

カードセット レア度 カード名 ピースのスート 必要ピース数
パズルアンドドラゴンズR R スピカ クラブ 250
パズルアンドドラゴンズR R スピカ クラブ 250
凰牙の聖戦 L 最強の武士タダカツ クラブ 2000
凰牙の聖戦 SR 三竜将ウンチョウ クラブ 1000
パズルアンドドラゴンズR L 焦槍の灼手神マッハ クラブ 2000
凰牙の聖戦 L 魔人将ホウセン クラブ 2000
スタンダード L 天空竜ウラノス クラブ 2000
スタンダード C パラディウムの加護 ハート 50
スタンダード C パラディウムの加護 ハート 50
パズルアンドドラゴンズ R 玩具竜の夢 スペード 250
パズルアンドドラゴンズ R 世界樹の舞 クラブ 250
パズルアンドドラゴンズ R 世界樹の舞 クラブ 250
スタンダード R アルテミスの矢 クラブ 250
スタンダード R アルテミスの矢 クラブ 250
スタンダード C パンドラの箱 スペード 50
スタンダード C 黄金の林檎 ダイヤ 50
スタンダード R ゼウスの雷 ダイヤ 250
スタンダード R ゼウスの雷 ダイヤ 250
パズルアンドドラゴンズ SR 魔槍グングニール ダイヤ 1000
パズルアンドドラゴンズ SR 魔槍グングニール ダイヤ 1000

デッキ分析

カードの種類

タイプ/スート分布

1枚のカードで複数タイプ/スートを所持する場合はそれぞれを1ずつカウント
1枚のカードが同一のタイプ/スートを複数所持する場合は1としてカウント

コスト分布

ライフ分布

アタック分布

デッキのコンセプト

スピカ2体と、7コスト・クラブタイプのクリーチャー4体、そして守護神であるウラノスの選ばれた7体のクリーチャーのみで構成されたアグロデッキです。
昔流行ったウンチョウライザーの現代版というべき構築ではありますが、当時のデッキと比べて分岐の要素が大きく、柔軟な対応が求められるデッキです。
後続につなげるウンチョウ、壁になるタダカツ、盤面を荒らすマッハ、そしてリーサルを狙うホウセンの四天王をうまく活用し、相手の盤面に切り込んでいきましょう。

基本的な立ち回り

マリガンでは、スピカ>世界樹の舞>ウンチョウ・タダカツの順で確保します。逆に、ほかのカードは積極的に交換しましょう。
スピカ・ウンチョウが手札にあれば、パラディウムの加護を残しておくと、ウンチョウをすみやかに解体できるので便利です。
初手はスピカがあればスピカをセット、そこから世界樹の舞などのマジックバフ+ギア2補給物資でクリーチャーを確保していくのが理想です。
7コストクリーチャーは、基本的に能力者を攻撃していきます。特に、盤面をリセットできるウラノスにつなげられるウンチョウは顔面の殴りどころです。
デッキに投入されている豊富なマジックは、基本的にスピカのいる状態で使っていき盤面クリーチャーの生存率を上げるために使います。特にパラディウムの加護は盤面クリーチャーの攻撃力を下げつつスピカに壁を貼って反撃をおさえる重要な役割があります。もちろん7コストやウラノスに使って壁にするものありです。
リーサルは、コツコツ顔面を殴っておいてからのホウセンやグングニールに任せましょう。
ただ、カウンターを決められるほど大火力を出せるわけではないので、毎ターンコツコツダメージを与えていくのが重要です。盤面の取り合いに持っていかれるとかなりきついです。

クリーチャーの数が少なく、良くも悪くも早期に決着がつけられるデッキなので、フリマのアチーブメント回収向きです。
また、製作者さんによるとランクマでもそこそこ勝てたということでランクマでの地雷枠としても活躍できそうです。

代替カード

世界樹の舞で確実に有用なクリーチャーを引っ張ってくるためにクリーチャーを減らしていますが、どうしても瞬間火力を上げたいのであれば、 剛弓の狩人オリオンを1枚だけ入れてみましょう。世界樹の舞で引っ張ってくると悲惨ですが、盤面にクリーチャーがいなくてもギア1で、クリーチャーが2体いればギア3で追撃ができるようになります。
後は、マジックを1枚抜いて7コストクリーチャーの2体目ということでマッハやタダカツを積んで事故率を下げるのも選択肢の1つです。ここらへんのカード枚数はバランスの調整が難しいところなので、色々試しながら自分好みのデッキに調整していくのがよいです。

この記事へのコメント

コメントはまだありません。

コメントを投稿する

内容をご確認の上、送信してください。