はろのまぎあ@web クロノマギアのデッキ紹介、攻略情報など幅広く紹介してるゲーム攻略サイトです。

2020.6.2
デッキ紹介
五月雨カリン
作成者
狐晴(こはる)さん
デッキコード
103187
能力者
カリン - Karin
ギア
袈裟斬り
 
月閃
 
五月雨斬り
デッキの評価や傾向
※あくまでサイト管理人の主観的なものです。
デッキの作りやすさ
★★ 作りづらい(使用ピース20,000〜25,000)
状況対応力
★★★ 標準
デッキの指向
通常デッキ

デッキレシピ

不屈の水兵神甘寧
不屈の水兵神甘寧
快活の療龍喚士ハイレン
快活の療龍喚士ハイレン
穿弓の鋼星神アウストラリス
穿弓の鋼星神アウストラリス
機知の英雄将オデュッセウス
機知の英雄将オデュッセウス
選魂の戦姫神ヴァルキリーCIEL
黄金の番人
黄金の番人
宿意の堕龍契士レーヴェン
復讐の巨神クロノス
復讐の巨神クロノス
黄金の林檎
黄金の林檎
畳返し
眠りのこづち
アスクレーピオスの奇跡
ボレアースの突風

トークンカード・進化後カード

大鎌の鋼人アダマス
神算の療龍喚士ハイレン
アルテミスの矢
光の力

デッキレシピとギアの画像

※画像をクリックすると、拡大して表示されます。

デッキのレアリティ

L 6
SR 7
R 4
C 3

デッキを1から作成するのに必要なピース数

スペード 7,000
ハート 2,000
ダイヤ 11,150
クラブ 0
トータル 20,150

カードごとの生成コスト

カードセット レア度 カード名 ピースのスート 必要ピース数
パズルアンドドラゴンズR SR 不屈の水兵神甘寧 スペード 1000
パズルアンドドラゴンズR SR 不屈の水兵神甘寧 スペード 1000
パズルアンドドラゴンズR L 快活の療龍喚士ハイレン ダイヤ 2000
パズルアンドドラゴンズR L 快活の療龍喚士ハイレン ダイヤ 2000
パズルアンドドラゴンズR SR 穿弓の鋼星神アウストラリス スペード 1000
パズルアンドドラゴンズR SR 穿弓の鋼星神アウストラリス スペード 1000
パズルアンドドラゴンズR SR 機知の英雄将オデュッセウス スペード 1000
パズルアンドドラゴンズR SR 機知の英雄将オデュッセウス スペード 1000
パズルアンドドラゴンズR L 選魂の戦姫神ヴァルキリーCIEL ダイヤ 2000
パズルアンドドラゴンズR R 黄金の番人 ダイヤ 250
パズルアンドドラゴンズR R 黄金の番人 ダイヤ 250
パズルアンドドラゴンズR L 宿意の堕龍契士レーヴェン ハート 2000
神々の招集者 L 復讐の巨神クロノス ダイヤ 2000
神々の招集者 L 復讐の巨神クロノス ダイヤ 2000
スタンダード C 黄金の林檎 ダイヤ 50
スタンダード C 黄金の林檎 ダイヤ 50
凰牙の聖戦 R 畳返し ダイヤ 250
凰牙の聖戦 SR 眠りのこづち スペード 1000
スタンダード R アスクレーピオスの奇跡 ダイヤ 250
スタンダード C ボレアースの突風 ダイヤ 50

デッキ分析

カードの種類

タイプ/スート分布

1枚のカードで複数タイプ/スートを所持する場合はそれぞれを1ずつカウント
1枚のカードが同一のタイプ/スートを複数所持する場合は1としてカウント

コスト分布

ライフ分布

アタック分布

デッキのコンセプト(寄稿者様ご提供)

パズドラアディショナルで追加されたカードを大量に採用した五月雨カリンです。
クロノスはハイレン、番人はアスクレーピオスの奇跡でそれぞれ使いまわし、大幅にアド獲得できるギア3五月雨斬りを活用しながら相手に詰め寄るデッキです。
アスクレーピオスの奇跡やハイレンで蘇生できる対象を限定するため、L・Rのクリーチャーカードを限定しています。

基本的な立ち回り(寄稿者様ご提供)

マリガンはクロノス狙い、CIELは引けたら残しておく程度です。相手がアグロでなければクリーチャーを確保するため黄金の林檎やボレアースの突風などの強制サモンカードを交換するのもありです。

五月雨カリンはいかにギア3五月雨斬りを回せるかが重要です。
このデッキではクロノスをサモンしたターンに様々な選択肢があります。

・CIEL伏せ=再安定行動。アダマストークンとでギア3を打てるため、クロノス処理に出した相手のクリーチャーを簡単に処理できる。捲られても最低限の後続に繋げられる
・スペード人型伏せ=クロノスを取らないor取れない読み。クロノスが生き残っていればギア3が打てる。五月雨が打てなくても基本打点は高いのでアフターケアはしやすい
・ハイレン伏せ=ハイリスクハイリターン。相手がクロノスを取ってターンを渡した際のアドバンテージは多大なものだが、相手もそれを避けようとピンポイントに捲りにくる可能性がある。その他にもアルテミスの矢+ハーデス殴りで取られた後燃やされたり、魔女の魔法で変身させられたりした場合厳しくなる。ハイレンは進化前ハイレンを蘇生できるので、1枚目のハイレンは進化させずに墓地へ落とすのも1つのテクニックとして覚えておきたい。
ハイレンは相手も警戒するので、相手が優位の状況で蘇生から一発逆転!といった使い方は過信しすぎると良くないので気をつけましょう。
黄金の番人もこのデッキのキーカードです。驚異的な耐久力を持ち、火力が乏しいという欠点も盤面処理をギア3でおこなえるので問題ありません。最初はスペード人型と同時伏せで出し、次のターンでギア3使用、さらに2枚目の番人伏せ。といった動きが単純に強いです。さらにアスクレーピオス対応なので、スペード人型単体伏せからの奇襲にも使えます。
ギア2が月閃の理由ですが、撃破時効果持ちクリーチャーのサポートと、盤面に人が偏る場合と物質が偏る場合の両方があるからです。ここはギア3が打てない時の保険ギアといった考えで、自分のプレイスタイルに合わせて介錯や鋼の刃も検討しましょう。

リーサルはクロノス・クロノスでバフをかけたクリーチャーとギア3を絡めた一斉攻撃や、さらに盤面セット+クロノスバフ+黄金の林檎で追撃まで狙えるとさらに火力が上がります。火力の目安としては、
クロノス・バフありアダマス・攻撃力4+バフありクリーチャー+ギア3
5+5+6+4 = 20/16/12
さらにここからレベルアップサモンで攻撃力4クリーチャーをセットしつつ、クロノスのバフをかけた後に攻撃することで、27/22/17 まで上がります。クロノスが序盤に一度能力者を攻撃しておけば十分リーサル圏内に入ります。

代替カード(寄稿者様ご提供)

このデッキを使っているうちに何か別のカードを入れたいと思った場合、入れ替え候補はマジック数枚とレーヴェンになります。
このデッキでレーヴェンを採用している理由は、カリンは一度盤面を完全に取られてしまうと覆すのが非常に困難な能力者であるからです。
MPは潤沢だが、盤面を返されてしまうと何を伏せても捲られて処理されてしまう……というケースが多々あります。そのため、ギア3でMPを高めに維持し、相手がリソースを大量消費して盤面制圧した瞬間にレーヴェンを投げることで、詰んでしまう可能性をぐっと下げられます。リーサルの一押しにも使える点から採用しています。
盤面制圧してMP有利も取ったらすぐにリーサルに持っていきたい!という人は、小槌・畳返し・ボレアースの突風あたりから1枚 聖煌天の麒麟サクヤに変更すると、若干事故率が高くなってしまいますが、リーサルを狙いやすくなります。

この記事へのコメント

コメントはまだありません。

コメントを投稿する

内容をご確認の上、送信してください。