はろのまぎあ@web クロノマギアのデッキ紹介、攻略情報など幅広く紹介してるゲーム攻略サイトです。

2020.5.29
デッキ紹介
オーラガメイラその1
作成者
アレクシエルさん
デッキコード
133482
能力者
ガメイラ - Gamayla
ギア
竜の爪
 
ドラゴンオーラ
 
レイジオブドラゴン
デッキの評価や傾向
※あくまでサイト管理人の主観的なものです。
デッキの作りやすさ
★ 非常に作りづらい(使用ピース25,000以上)
状況対応力
★★★★ 柔軟な対応が可能
デッキの指向
Tier1〜2狙いデッキ

デッキレシピ

木の伴神龍ネド
紫棘の霜龍帝イルシックス
紫棘の霜龍帝イルシックス
双子龍ベイツール
ドラゴンソード
ドラゴンソード
瞬刻の白龍喚士ソニア=エル
龍刀宙天丸
龍刀宙天丸
竜策士パリス
ヤマタノオロチ
破壊神シヴァ=ドラゴン
滅火の九龍喚士エナ
滅火の九龍喚士エナ
聖竜ソロネ
聖竜ソロネ
純翼の石蛇龍ケツァルコアトル
黄金の林檎
黄金の林檎
畳返し

トークンカード・進化後カード

ドラゴスネーク
灯龍喚士マイネ
八界蛇神ヤマタノオロチ
天竜飛翔
混沌の炎弾

デッキレシピとギアの画像

※画像をクリックすると、拡大して表示されます。

デッキのレアリティ

L 11
SR 3
R 4
C 2

デッキを1から作成するのに必要なピース数

スペード 18,750
ハート 6,000
ダイヤ 1,350
クラブ 0
トータル 26,100

カードごとの生成コスト

カードセット レア度 カード名 ピースのスート 必要ピース数
パズルアンドドラゴンズR SR 木の伴神龍ネド ハート 1000
パズルアンドドラゴンズR L 紫棘の霜龍帝イルシックス スペード 2000
パズルアンドドラゴンズR L 紫棘の霜龍帝イルシックス スペード 2000
パズルアンドドラゴンズR R 双子龍ベイツール スペード 250
スタンダード R ドラゴンソード スペード 250
スタンダード R ドラゴンソード スペード 250
パズルアンドドラゴンズR SR 瞬刻の白龍喚士ソニア=エル ダイヤ 1000
パズルアンドドラゴンズR L 龍刀宙天丸 スペード 2000
パズルアンドドラゴンズR L 龍刀宙天丸 スペード 2000
スタンダード L 竜策士パリス スペード 2000
パズルアンドドラゴンズ SR ヤマタノオロチ ハート 1000
パズルアンドドラゴンズR L 破壊神シヴァ=ドラゴン ハート 2000
パズルアンドドラゴンズR L 滅火の九龍喚士エナ スペード 2000
パズルアンドドラゴンズR L 滅火の九龍喚士エナ スペード 2000
神々の招集者 L 聖竜ソロネ スペード 2000
神々の招集者 L 聖竜ソロネ スペード 2000
パズルアンドドラゴンズR L 純翼の石蛇龍ケツァルコアトル ハート 2000
スタンダード C 黄金の林檎 ダイヤ 50
スタンダード C 黄金の林檎 ダイヤ 50
凰牙の聖戦 R 畳返し ダイヤ 250

デッキ分析

カードの種類

タイプ/スート分布

1枚のカードで複数タイプ/スートを所持する場合はそれぞれを1ずつカウント
1枚のカードが同一のタイプ/スートを複数所持する場合は1としてカウント

コスト分布

ライフ分布

アタック分布

デッキのコンセプト(寄稿者様ご提供)

パズドラRアディショナルカードで登場した優秀なスペード竜クリーチャーを採用し、以前よりも小回りが効くようになったガメイラです。
元々オーラガメイラはステータスに優れたクリーチャーを多く抱えるデッキタイプであり、ギア2ドラゴンオーラの存在もあり、制圧力自体は高めです。
しかし肝心のドラゴンオーラを撃つためのスペード竜が少ないという欠点を抱えていました。
そこで、新しく登場した 龍刀宙天丸は状態異常無効を持ち、攻撃したクリーチャーを即死させる効果を持っています。これにより、ドラゴンオーラを撃ちながら相手の高体力クリーチャーを処理する事が可能となり、盤面のやり取りが非常に強くなりました。

双子龍ベイツールはハートクリーチャーをサーチできるため、新しく登場した 破壊神シヴァ=ドラゴンを手札に引き込むことができます。
特にアグロ対面でベイツールを確保しておくことで素早くカウンター手段を引き込める点や、リーサル時以外では腐りやすいシヴァ=ドラゴンを事前に確保しておくことで、それ以降に引くカードの事故率を下げられる(=スペード竜タイプのクリーチャーを引きやすくなる)点で優れています。
シヴァ=ドラゴンから生成される 混沌の炎弾はリーサルに使うことができるため、本レシピでは バーストボムを採用しておりません。

基本的な立ち回り(寄稿者様ご提供)

基本的な点は変わらず、ドラゴンソードやベイツール、エナあたりから始動し、盤面を少しずつ作っていきます。
中盤以降は宙天丸や聖龍ソロネ、ヤマタノオロチをしっかり通して有利状況へと運び、終盤で紫棘の霜龍帝イルシックスやシヴァ=ドラゴンを立て、高打点クリーチャーの攻撃に加えて、ギア3レイジオブドラゴンや混沌の炎弾を絡めてリーサルへと運びます。
ギア2ドラゴンオーラを撃てるシーンが増えたため、以前よりもMP差をつけやすくなりました。

しかし、墓地破壊には弱く、 ハデスの息吹1枚でレイジオブドラゴンの打点がリセットされてしまいます。
ハデスの息吹やサモン時効果での墓地破壊は防げませんが、 深黒の冥界神ハーデスの場合は捲り札で処理する事で墓地破壊を防げます。ハーデスがデッキに入ってくるデッキが相手の場合、常に意識しておいた方が良いでしょう。
また、リーサル手段としてシヴァ=ドラゴン+混沌の炎弾を採用していますが、防御2の能力者に対しては固定ダメージの バーストボムに劣ります。有利な盤面を作ることができたら、シヴァ=ドラゴン+混沌の炎弾(11/9/7)で削りきれるラインを意識して、事前に攻撃を少し加えてライフを調整する等が好ましいです。
もちろん、アグロ対面ならば早い段階でベイツールを経由してシヴァ=ドラゴンを引き込んだり、高打点のイルシックス、瞬刻の白龍喚士ソニア=エルから生成される 天竜飛翔を握っておき、カウンターする事も視野に入れておきましょう。

総じて使いやすい仕上がりになっており、今までオーラガメイラを使ったことがないという方でも気軽に握れると思います。
ぜひ使ってみてください。

この記事へのコメント

コメントはまだありません。

コメントを投稿する

内容をご確認の上、送信してください。