はろのまぎあ@web クロノマギアのデッキ紹介、攻略情報など幅広く紹介してるゲーム攻略サイトです。

2019.12.14
デッキ紹介
パズドラR環境対応煽動ゼータ
作成者
かずみさん
デッキコード
103853
能力者
ゼータ - Zeta
ギア
捨て身の一撃
 
煽動
 
レイジオブスペード

デッキレシピ

ドラゴンソード
獣帝サブナック
獣帝サブナック
忘却の死神グリザル
忘却の死神グリザル
疾風の獣戦士アタランテー
疾風の獣戦士アタランテー
霜の巨人フリームスルス
聖竜ソロネ
聖竜ソロネ
大総裁マルバス
深黒の冥界神ハーデス
黒天の幻龍王ゼローグ∞
大海獣オケアノス
大海獣オケアノス
守都の機女神マシンアテナ
復讐の巨神クロノス
アルテミスの矢
魔女の魔法
タナトスのささやき

トークンカード・進化後カード

不死の探求者
聖戦土ペルセウス
大鎌の鋼人アダマス
忘却の椅子
ハデスの息吹
アイギスの盾
グラビティブレス

デッキレシピとギアの画像

※画像をクリックすると、拡大して表示されます。

デッキのレアリティ

L 8
SR 8
R 3
C 1

デッキを1から作成するのに必要なピース数

スペード 19,500
ハート 1,000
ダイヤ 2,000
クラブ 2,300
トータル 24,800

カードごとの生成コスト

カードセット レア度 カード名 ピースのスート 必要ピース数
スタンダード R ドラゴンソード スペード 250
神々の招集者 SR 獣帝サブナック スペード 1000
神々の招集者 SR 獣帝サブナック スペード 1000
パズルアンドドラゴンズR SR 忘却の死神グリザル スペード 1000
パズルアンドドラゴンズR SR 忘却の死神グリザル スペード 1000
スタンダード SR 疾風の獣戦士アタランテー スペード 1000
スタンダード SR 疾風の獣戦士アタランテー スペード 1000
神々の招集者 R 霜の巨人フリームスルス スペード 250
神々の招集者 L 聖竜ソロネ スペード 2000
神々の招集者 L 聖竜ソロネ スペード 2000
神々の招集者 SR 大総裁マルバス スペード 1000
パズルアンドドラゴンズR L 深黒の冥界神ハーデス スペード 2000
パズルアンドドラゴンズR L 黒天の幻龍王ゼローグ∞ スペード 2000
スタンダード L 大海獣オケアノス スペード 2000
スタンダード L 大海獣オケアノス スペード 2000
パズルアンドドラゴンズR L 守都の機女神マシンアテナ クラブ 2000
神々の招集者 L 復讐の巨神クロノス ダイヤ 2000
スタンダード R アルテミスの矢 クラブ 250
スタンダード C 魔女の魔法 クラブ 50
スタンダード SR タナトスのささやき ハート 1000

デッキ分析

カードの種類

タイプ/スート分布

1枚のカードで複数タイプ/スートを所持する場合はそれぞれを1ずつカウント
1枚のカードが同一のタイプ/スートを複数所持する場合は1としてカウント

コスト分布

ライフ分布

アタック分布

デッキのコンセプト

クロマギ初期から脈々と受け継がれてきている煽動ゼータです。
パウドラR環境になって、いろいろと強いスペードクリーチャーが実装されたので、それを盛り込んだデッキとなります。
まずはグリザル、4/4/4スペードとスタンダードなスペックですが、挑発を付与できる忘却の椅子をノーコストで手に入れることができます。スペードのデッキなら入れない理由がないぐらい便利なクリーチャーです。
続いてハーデス、7/5/6と攻撃よりのステータスで、トークンとして不死の探求者をセットしてくれたうえで、攻撃するだけでハデスの息吹がゲットできるお手軽墓地対策クリーチャーです。煽動ゼータは墓地活用としてレイジオブスペードがありますが、発動条件が地味に厳しくなっているので、レイジオブスペードを狙うより墓地を消して行った方が得なことが多いです。
最後にマシンアテナ。こいつもトークンでペルセウスをセットしてくれるので便利なクリーチャーです。先ほど紹介したグリザルのトークンである忘却の椅子をこいつ自身に使うことで、捨て身の一撃が使えるようになったり、次ターンまで生き残ればペルセウスと合わせて煽動もできる便利な壁になります。

基本的な立ち回り

マリガンではトークンセットするクリーチャー、オケアノス、クロノス、マシンアテナ、ハーデスあたりを狙っていきます。召喚した後を考えるとオケアノスの優先度が高いです。ゼータは煽動のおかげで先置きで強く戦える能力者です。
ここからギア2煽動を使っていくことになるのですが、むやみに煽動を使えばいいというわけではなく、煽動を使う時、使わない時をしっかり見極めていかないとすぐに盤面を崩されてしまいます。
煽動をつかってもよい状況としては、
・セットされているカードが読めており、それを強制サモンした後にしっかり除去できること。具体的には、剛体はもちろん、サモン時能力や死亡時能力で盤面を崩されないようなカードであると予想したとき。
・セットされたカードを起こさないと盤面が壊滅してしまったり、負けると予想したとき。
獣王の軍師チュウタツのように強力なサモン時能力を不発させたいとき。
・相手のデッキが、明らかに強制サモン対策されていないと判明しているとき。
などがあります。煽動自体は1コストと比較的少ない消費で使用可能ですが、ギア1捨て身の一撃が使えなくなることで打点不足になったり、剛体+挑発持ちなどを強制サモンしてしまうと盤面のやりとりすらできなくなったりすることもあるので、ギア2の使い所は非常に重要となります。
また、アタランテーをサモンしてからの煽動は非常にリスクが高く、確実に強制サモンしないといけないという状況でない限り極力控えておきましょう。

リーサルは、オケアノスで少しずつ削っておいてからの、ギア1+アタランテーを絡めた一斉攻撃が理想的な狙い筋です。

代替えカード

全体的にコストが高く、カードが出せないと思ったら大型クリーチャーを何枚か外して低コストのスペードクリーチャーを入れるのもありです。
おすすめとしては 不屈の水兵神甘寧 アガレス 凍冥魔インディゴなどの3〜4コスト帯の優秀な特殊能力持ちのクリーチャーに入れ替えておくとよいでしょう。特に後者の2枚はステルス対策としても優秀なクリーチャーですので、大幅に強化された悪魔エレナ対策として何枚か採用しておきたいカードです。

この記事へのコメント

コメントはまだありません。

コメントを投稿する

内容をご確認の上、送信してください。