はろのまぎあ@web クロノマギアのデッキ紹介、攻略情報など幅広く紹介してるゲーム攻略サイトです。

2020.1.31
デッキ紹介
パズドラR環境対応レイジオーラガメイラ
作成者
あすくさん
デッキコード
153665
能力者
ガメイラ - Gamayla
ギア
竜の爪
 
ドラゴンオーラ
 
レイジオブドラゴン
デッキの評価や傾向
※あくまでサイト管理人の主観的なものです。
デッキの作りやすさ
★ 非常に作りづらい(使用ピース25,000以上)
状況対応力
★★★★ 柔軟な対応が可能
デッキの指向
通常デッキ

デッキレシピ

竜王ゲントク
竜王ゲントク
木の伴神龍ネド
紫棘の霜龍帝イルシックス
紫棘の霜龍帝イルシックス
ドラゴンソード
瞬刻の白龍喚士ソニア=エル
瞬刻の白龍喚士ソニア=エル
巨人族の女傑アングルボザ
休息の狙撃手ミル
ヤマタノオロチ
ヤマタノオロチ
滅火の九龍喚士エナ
聖竜ソロネ
聖竜ソロネ
純翼の石蛇龍ケツァルコアトル
純翼の石蛇龍ケツァルコアトル
邪竜ヤマタノオロチ
魔女の魔法
バーストボム

トークンカード・進化後カード

ドラゴスネーク
灯龍喚士マイネ
八界蛇神ヤマタノオロチ
天竜飛翔

デッキレシピとギアの画像

※画像をクリックすると、拡大して表示されます。

デッキのレアリティ

L 11
SR 7
R 1
C 1

デッキを1から作成するのに必要なピース数

スペード 13,250
ハート 10,000
ダイヤ 2,000
クラブ 4,050
トータル 29,300

カードごとの生成コスト

カードセット レア度 カード名 ピースのスート 必要ピース数
凰牙の聖戦 L 竜王ゲントク クラブ 2000
凰牙の聖戦 L 竜王ゲントク クラブ 2000
パズルアンドドラゴンズR SR 木の伴神龍ネド ハート 1000
パズルアンドドラゴンズR L 紫棘の霜龍帝イルシックス スペード 2000
パズルアンドドラゴンズR L 紫棘の霜龍帝イルシックス スペード 2000
スタンダード R ドラゴンソード スペード 250
パズルアンドドラゴンズR SR 瞬刻の白龍喚士ソニア=エル ダイヤ 1000
パズルアンドドラゴンズR SR 瞬刻の白龍喚士ソニア=エル ダイヤ 1000
神々の招集者 SR 巨人族の女傑アングルボザ スペード 1000
パズルアンドドラゴンズR L 休息の狙撃手ミル ハート 2000
パズルアンドドラゴンズ SR ヤマタノオロチ ハート 1000
パズルアンドドラゴンズ SR ヤマタノオロチ ハート 1000
パズルアンドドラゴンズR L 滅火の九龍喚士エナ スペード 2000
神々の招集者 L 聖竜ソロネ スペード 2000
神々の招集者 L 聖竜ソロネ スペード 2000
パズルアンドドラゴンズR L 純翼の石蛇龍ケツァルコアトル ハート 2000
パズルアンドドラゴンズR L 純翼の石蛇龍ケツァルコアトル ハート 2000
凰牙の聖戦 L 邪竜ヤマタノオロチ スペード 2000
スタンダード C 魔女の魔法 クラブ 50
パズルアンドドラゴンズR SR バーストボム ハート 1000

デッキ分析

カードの種類

タイプ/スート分布

1枚のカードで複数タイプ/スートを所持する場合はそれぞれを1ずつカウント
1枚のカードが同一のタイプ/スートを複数所持する場合は1としてカウント

コスト分布

ライフ分布

アタック分布

デッキのコンセプト

いわゆるオーラガメイラで、ギア2ドラゴンオーラが今の状態にパワーアップしてから脈々と受け継がれてきたデッキとなります。
パズドラRパックでドラゴンが大幅強化され、オーラガメイラも当然ながら強化されました。
ひたすらギア2ドラゴンオーラで相手を足止めしつつ、ステータスの高いクリーチャーで盤面を確保、最終的にバーストボムや天竜飛翔+ギア3レイジオブドラゴンでリーサルを狙っていくデッキとなっています。

基本的な立ち回り

マリガンでは先攻ならアングルボザ、ドラゴンソード、ソニアエル、後攻ならソニアエル、エナあたりを確保します。
また、相手がアグロデッキのようならイルシックスも確保しておきます。
序盤はマリガンで確保したカードをそれぞれ先出し・後出ししていきます。
ということで、先手で仕掛けられるならアングルボザ、ドラゴンソード、ソニアエルを、後攻ならソニアエル、エナなどで返していくことになります。
返しのカードを選択する際に気をつけることとしては、
・相手の後続が2枚以上セットされる可能性が高そうなときはパズドラオロチをセットする
・トークンクリーチャーで展開してきそうなときはケツァルコアトルでトークンセットしていく
・相手がアグロで積極的に攻撃を仕掛けてきそうな相手ならイルシックスをセットしておき、相手にイルシックスの処理を迫る
などがあります。

ギアは、基本的にギア2ドラゴンオーラを毎ターン使えるようにしておきたいです。
ただ、スペードタイプを持つクリーチャー自体は7体とそこまで多いわけではないので、スペードクリーチャーが維持できそうにないときはギア3レイジオブドラゴンを打てるようなシフトに組み替えるのも視野に入れておきましょう。

リーサルは、盤面制圧してからの2ショット狙いが基本です。2ショット狙いのときは、初撃のときにギア2ドラゴンオーラで相手の反撃力を弱めておくとなおよいです。
追撃としてはバーストボムや墓地に竜タイプをたくさん送っておいてからギア3レイジオブドラゴン、天竜飛翔での一斉攻撃(+ギア3レイジオブドラゴン)など、いろいろな方法でリーサルが狙えます。
いろんな状況でリーサルがないか探ってみるとよいでしょう。

この記事へのコメント

  1. [246] はろ 2020年3月2日14:57:15
    >匿名さん
    返信が遅くなってしまい申し訳ありませんでした。
    先置きイルシックスについてですが、このデッキはスペードクリーチャーがあまり入っておらず、さらに先に置けるスペードとなるとドラゴンソードとアングルボザぐらいしかいないので、いい感じの先置きクリーチャーがイルシックスしかいないのであれば、先に置きたいところではあります。
    イルシックスの先置きが気になるようであれば、もう少しスペード竜タイプのクリーチャーを増やし、イルシックス以外でもオーラが使えるようにしておくとよいかと思います。先置きスペード竜→相手セットに合わせてイルシックスも十分に強いので、そういう流れに持っていけるよう組み替えるのもありですよ。
  2. [245] 匿名 2020年2月27日19:24:12
    先置きイルシックスはあまりしたくないのですが、オーラを打つためなら先置きすべきですか?

コメントを投稿する

内容をご確認の上、送信してください。