はろのまぎあ@web クロノマギアのデッキ紹介、攻略情報など幅広く紹介してるゲーム攻略サイトです。

2019.12.31
デッキ紹介
パズドラR環境対応ビスコライザー
作成者
ナナリスさん
デッキコード
173459
能力者
ライザー - Raizer
ギア
防御指示
 
大暴れ
 
ビーストコンバット

デッキレシピ

ウィンドギア
緑の人形使いクラジュ
緑の人形使いクラジュ
獣王の軍師チュウタツ
アストレア
アストレア
クイーンメタルドラゴン
剛弓の狩人オリオン
剛弓の狩人オリオン
霜の巨人フリームスルス
霜の巨人フリームスルス
戦機王マシンゼウス
戦機王マシンゼウス
絶島の大魔女リーチェ
絶島の大魔女リーチェ
復讐の巨神クロノス
アルテミスの矢
アルテミスの矢
黄金の林檎
黄金の林檎

トークンカード・進化後カード

大鎌の鋼人アダマス
警護の耀星神アストレア

デッキレシピとギアの画像

※画像をクリックすると、拡大して表示されます。

デッキのレアリティ

L 5
SR 6
R 6
C 3

デッキを1から作成するのに必要なピース数

スペード 6,500
ハート 0
ダイヤ 6,100
クラブ 7,000
トータル 19,600

カードごとの生成コスト

カードセット レア度 カード名 ピースのスート 必要ピース数
エクストラパック C ウィンドギア クラブ 2000
パズルアンドドラゴンズR R 緑の人形使いクラジュ クラブ 250
パズルアンドドラゴンズR R 緑の人形使いクラジュ クラブ 250
凰牙の聖戦 SR 獣王の軍師チュウタツ スペード 1000
パズルアンドドラゴンズR SR アストレア ダイヤ 1000
パズルアンドドラゴンズR SR アストレア ダイヤ 1000
パズルアンドドラゴンズR SR クイーンメタルドラゴン スペード 1000
スタンダード L 剛弓の狩人オリオン クラブ 2000
スタンダード L 剛弓の狩人オリオン クラブ 2000
神々の招集者 R 霜の巨人フリームスルス スペード 250
神々の招集者 R 霜の巨人フリームスルス スペード 250
パズルアンドドラゴンズ SR 戦機王マシンゼウス ダイヤ 1000
パズルアンドドラゴンズ SR 戦機王マシンゼウス ダイヤ 1000
パズルアンドドラゴンズ L 絶島の大魔女リーチェ スペード 2000
パズルアンドドラゴンズ L 絶島の大魔女リーチェ スペード 2000
神々の招集者 L 復讐の巨神クロノス ダイヤ 2000
スタンダード R アルテミスの矢 クラブ 250
スタンダード R アルテミスの矢 クラブ 250
スタンダード C 黄金の林檎 ダイヤ 50
スタンダード C 黄金の林檎 ダイヤ 50

デッキ分析

カードの種類

タイプ/スート分布

1枚のカードで複数タイプ/スートを所持する場合はそれぞれを1ずつカウント
1枚のカードが同一のタイプ/スートを複数所持する場合は1としてカウント

コスト分布

ライフ分布

アタック分布

デッキのコンセプト

環境的に逆風の物質ライザーを、元のデッキパワーを活かせるように環境に合わせて組みました。
立ち回りは、基本物質ライザーと同じですが、従来の物質ライザーの欠点であったスローペースを改善し、アストレアからのリーチェや、速攻の多面展開等で緩急をつけることが可能となっております。
ギア3もビスコを採用していることで、瞬間火力が出しやすくなっているので、敵に対応する隙を与える前に勝負をつけることもできるでしょう

現環境では大型クリーチャーが不遇の環境の中、大型中心の物質ライザーも逆風が吹いているということで、なるべくデッキパワーを落とさず環境に合わせて構築しました。
これまでメインクリーチャーだった6コスト帯クリーチャーを減らし、全体的にクリーチャーのコストを下げつつ、防御指示を重ねていくことで盤面の取り合いを継続できるように仕上げています。
アストレアからのリーチェや、速攻持ちで盤面を荒らしながら優位を確保しつつ、最終的にビーストコンバットからのリーサルを狙っていくことになります。

基本的な立ち回り

基本は物質ライザーと同じくクリーチャーを1体ずつセットし、ギア1防御指示を付与していきます。
クラジュやウィンドギアを先手で仕掛ていきつつ、待機MPを確保して相手の動きに合わせて次のセットを切り替えていきます。
防御指示で相手の攻撃を受け流しつつ、クリーチャーを展開していくのが王道です。
盤面の確保が終わったら、極力待機MPを稼ぎつつ大型クリーチャーを展開していきます。なるべくMPをカラにしないようにしつつ、盤面をより固く仕上げていきます。
リーサルはオリオン速攻からのギア3ビーストコンバットがよいです。
手札と相手次第ですがMPをしっかり溜めておけば一気にリーサルを狙うこともできるので、MPの確保をしっかり行っていきましょう。

この記事へのコメント

コメントはまだありません。

コメントを投稿する

内容をご確認の上、送信してください。