はろのまぎあ@web クロノマギアのデッキ紹介、攻略情報など幅広く紹介してるゲーム攻略サイトです。

2020.2.25
デッキ紹介
たたゆ式豊穣リーリア
作成者
たたゆさん
デッキコード
183968
能力者
リーリア - Lilia
ギア
風の加護
 
豊穣の守り
 
怒りの暴風
デッキの評価や傾向
※あくまでサイト管理人の主観的なものです。
デッキの作りやすさ
★★★ 普通(使用ピース15,000〜20,000)
状況対応力
★★★ 標準
デッキの指向
通常デッキ

デッキレシピ

鳴龍楽士ドルク
鳴龍楽士ドルク
獣帝サブナック
獣帝サブナック
カマエル
牛魔王
牛魔王
疾風の獣戦士アタランテー
クロノタートル
クロノタートル
炎剣の番人シンモラ
灼冥魔スカーレット
海神ポセイドン
海神ポセイドン
宿意の堕龍契士レーヴェン
黄金の林檎
無常の果実
畳返し
大地の目覚め
アスクレーピオスの奇跡

トークンカード・進化後カード

インプ
レーヴァテインスペードスタイル
炎剣レーヴァテイン
大洋の母アムピトリーテー
熱情の鳴龍楽士ドルク
時の伝道師クロノタートル
魔女の魔法

デッキレシピとギアの画像

※画像をクリックすると、拡大して表示されます。

デッキのレアリティ

L 3
SR 8
R 7
C 2

デッキを1から作成するのに必要なピース数

スペード 7,000
ハート 4,050
ダイヤ 550
クラブ 4,250
トータル 15,850

カードごとの生成コスト

カードセット レア度 カード名 ピースのスート 必要ピース数
パズルアンドドラゴンズR SR 鳴龍楽士ドルク スペード 1000
パズルアンドドラゴンズR SR 鳴龍楽士ドルク スペード 1000
神々の招集者 SR 獣帝サブナック スペード 1000
神々の招集者 SR 獣帝サブナック スペード 1000
神々の招集者 R カマエル クラブ 250
凰牙の聖戦 R 牛魔王 クラブ 250
凰牙の聖戦 R 牛魔王 クラブ 250
スタンダード SR 疾風の獣戦士アタランテー スペード 1000
パズルアンドドラゴンズR R クロノタートル クラブ 250
パズルアンドドラゴンズR R クロノタートル クラブ 250
神々の招集者 L 炎剣の番人シンモラ ハート 2000
パズルアンドドラゴンズR L 灼冥魔スカーレット クラブ 2000
神々の招集者 SR 海神ポセイドン スペード 1000
神々の招集者 SR 海神ポセイドン スペード 1000
パズルアンドドラゴンズR L 宿意の堕龍契士レーヴェン ハート 2000
スタンダード C 黄金の林檎 ダイヤ 50
スタンダード C 無常の果実 ハート 50
凰牙の聖戦 R 畳返し ダイヤ 250
パズルアンドドラゴンズ SR 大地の目覚め クラブ 1000
スタンダード R アスクレーピオスの奇跡 ダイヤ 250

デッキ分析

カードの種類

タイプ/スート分布

1枚のカードで複数タイプ/スートを所持する場合はそれぞれを1ずつカウント
1枚のカードが同一のタイプ/スートを複数所持する場合は1としてカウント

コスト分布

ライフ分布

アタック分布

デッキのコンセプト

クロノタートル+ドルクで壁+シールド+ギア2豊穣の守りをつけ、8コストで6/7+シールドの進化後ドルクと4/7+シールド+挑発の進化後クロノタートルで盤面を固めるコンボを軸に盤面の取り合いを行うミッドレンジデッキです。
リーサルや盤面返しとしてレーヴェン+ギア3もあり、攻守ともにこなせるデッキとなっています。

基本的な立ち回り

マリガンではドルク+クロノタートルと、いざというときのためにアスクレーピオスの奇跡を確保できていると盤石ですが、最悪なくてもどうにかなります。
基本は後出しで、相手のセットカードに合わせてクロノタートル+ドルクをセット、次ターンに相手クリーチャーをクロノタートルで撃破して盤面を作っていくのが理想です。
クロノタートルとドルクは基本的に同時にセットしたいカードになるので、単体での運用は極力避けたいですが、最悪の場合クロノタートルは他クリーチャーと合わせてセット、ドルクはレベルアップサモンで2レベルにしておいてからの撃破強化で進化させたうえでギア2豊穣の守りを付与したいです。

リーサルは盤面にスペード+クラブがいる状態でレーヴェンを速攻+ギア3怒りの暴風で相手盤面を一掃しつつ2ショット狙いが基本です。
もちろん、盤面を確保してからの2ショットでも問題ありません。

代替えカード

タナトスのささやきや魔女の魔法などの除去マジックが気になるのであれば 浄化の守りを投入するのが手っ取り早いです。
2/25追加の 漁漁の神ウミサチヤマサチも単体でギア2が使えて山札切れを防ぐことができる便利なカードなので、ぜひデッキに投入したいです。

この記事へのコメント

コメントはまだありません。

コメントを投稿する

内容をご確認の上、送信してください。