はろのまぎあ@web クロノマギアのデッキ紹介、攻略情報など幅広く紹介してるゲーム攻略サイトです。

2019.12.16
デッキ紹介
グングンランスカリン
作成者
minakiさん
デッキコード
135594
能力者
カリン - Karin
ギア
気合溜め
 
介錯
 
剣の精神

デッキレシピ

大魔女の弟子オリア
クラミツハ
クラミツハ
不屈の水兵神甘寧
不屈の水兵神甘寧
復活の戦士バルドル
静観の穏龍契士リクウ
魔忍長ハンゾウ
古皇ヤマトタケル
古皇ヤマトタケル
死を運ぶ者レギンレイヴ
死を運ぶ者レギンレイヴ
異刻の黒龍喚士ソニア
神都の守護神アテナ-NON-
アルテミスの矢
黄金の林檎
魔槍グングニール
魔槍グングニール
アイギスの煌き
デウカリオーンの洪水

トークンカード・進化後カード

死神兵
クラミツハ
ヒノミツハ
復活の戦士バルドル
眠りの呪い

デッキレシピとギアの画像

※画像をクリックすると、拡大して表示されます。

デッキのレアリティ

L 7
SR 10
R 1
C 2

デッキを1から作成するのに必要なピース数

スペード 17,050
ハート 1,000
ダイヤ 5,050
クラブ 1,250
トータル 24,350

カードごとの生成コスト

カードセット レア度 カード名 ピースのスート 必要ピース数
パズルアンドドラゴンズR SR 大魔女の弟子オリア ハート 1000
パズルアンドドラゴンズR SR クラミツハ スペード 1000
パズルアンドドラゴンズR SR クラミツハ スペード 1000
パズルアンドドラゴンズR SR 不屈の水兵神甘寧 スペード 1000
パズルアンドドラゴンズR SR 不屈の水兵神甘寧 スペード 1000
神々の招集者 SR 復活の戦士バルドル ダイヤ 1000
パズルアンドドラゴンズ L 静観の穏龍契士リクウ スペード 2000
凰牙の聖戦 SR 魔忍長ハンゾウ スペード 1000
凰牙の聖戦 L 古皇ヤマトタケル スペード 2000
凰牙の聖戦 L 古皇ヤマトタケル スペード 2000
神々の招集者 L 死を運ぶ者レギンレイヴ スペード 2000
神々の招集者 L 死を運ぶ者レギンレイヴ スペード 2000
パズルアンドドラゴンズR L 異刻の黒龍喚士ソニア スペード 2000
パズルアンドドラゴンズ L 神都の守護神アテナ-NON- ダイヤ 2000
スタンダード R アルテミスの矢 クラブ 250
スタンダード C 黄金の林檎 ダイヤ 50
パズルアンドドラゴンズ SR 魔槍グングニール ダイヤ 1000
パズルアンドドラゴンズ SR 魔槍グングニール ダイヤ 1000
パズルアンドドラゴンズR SR アイギスの煌き クラブ 1000
スタンダード C デウカリオーンの洪水 スペード 50

デッキ分析

カードの種類

タイプ/スート分布

1枚のカードで複数タイプ/スートを所持する場合はそれぞれを1ずつカウント
1枚のカードが同一のタイプ/スートを複数所持する場合は1としてカウント

コスト分布

ライフ分布

アタック分布

デッキのコンセプト

パズドラRで追加されたアイギスの煌めきを引っさげて帰ってきた人型カリンです。
甘寧はソロネやカオスホロウをはじめ、介錯で倒しづらい大型クリーチャーを倒せる絶好のクリーチャーが加わりました。他にもギアの発動条件をスイッチできるクラミツハ・ヒノミツハや7コスト速攻持ちの闇ソニア、眠りの呪いを引っ張ってこれるオリアなど、カリンをサポートしてくれるクリーチャーが多数追加され、デッキの幅が広がりました。
ヤマタケ軸で4コスト中心のデッキとなっており、MPを溜めつつカウンターの機会を伺う昔ながらのカリンデッキに仕上がっています。

基本的な立ち回り

マリガンではヤマトタケル、次点でレギンレイヴを狙いにいきます。
相手が盤面を取るデッキなら、先手でヤマタケをセットし、次ターンに能力者を攻撃しつつクリーチャーを1体セット、ヤマタケが撃破されるのを待ちます。
ヤマタケが撃破されたら剣の精神から盤面確保なり全力顔面アタックなりを状況に応じて使い分けるのが理想的な動きです。
ただ、ヤマタケサモン+クリーチャー1体セットは相手も予想しているところであり、それをかわされることもよくありますので、うまくヤマタケを撃破させるよう、盤面に2体セットしておくなどの工夫が必要な場合もあります。
盤面の取り合いができる相手なら、ギア2介錯が使えるようにクリーチャーをセットしておくとスムーズに盤面の確保ができます。
リーサルは盤面に2体クリーチャーを呼んでおいてからのアテノン+ギア3剣の精神、アイギスの煌めきやグングニールで追撃をかけていくのが基本です。カウンターが狙えるタイミングを見計らってクリーチャーを仕掛けていきましょう。

この記事へのコメント

コメントはまだありません。

コメントを投稿する

内容をご確認の上、送信してください。