はろのまぎあ@web クロノマギアのデッキ紹介、攻略情報など幅広く紹介してるゲーム攻略サイトです。

2019.12.16
デッキ紹介
暗殺ナイトメアリンクレオ
作成者
アレクシエルさん
デッキコード
159334
能力者
レオ - Leo
ギア
恫喝
 
暗殺
 
ナイトメアリンク

デッキレシピ

コシュまる
忘却の死神グリザル
忘却の死神グリザル
カオスドラゴンナイトヴォイス
カオスドラゴンナイトヴォイス
テラーシーホース
テラーシーホース
狂女神エリス
狂女神エリス
龍刀蛇骨姫
死を運ぶ者レギンレイヴ
死を運ぶ者レギンレイヴ
アビスシャーク
深黒の冥界神ハーデス
深黒の冥界神ハーデス
宿意の堕龍契士レーヴェン
アルテミスの矢
黄金の林檎
黄金の林檎
無常の果実

トークンカード・進化後カード

死神兵
不死の探求者
竜軍神アレース
姫護の魔公コシュまる
忘却の椅子
ハデスの息吹
軍神の鼓舞

デッキレシピとギアの画像

※画像をクリックすると、拡大して表示されます。

デッキのレアリティ

L 8
SR 4
R 5
C 3

デッキを1から作成するのに必要なピース数

スペード 10,750
ハート 6,050
ダイヤ 100
クラブ 4,500
トータル 21,400

カードごとの生成コスト

カードセット レア度 カード名 ピースのスート 必要ピース数
パズルアンドドラゴンズ R コシュまる クラブ 250
パズルアンドドラゴンズR SR 忘却の死神グリザル スペード 1000
パズルアンドドラゴンズR SR 忘却の死神グリザル スペード 1000
パズルアンドドラゴンズR SR カオスドラゴンナイトヴォイス ハート 1000
パズルアンドドラゴンズR SR カオスドラゴンナイトヴォイス ハート 1000
スタンダード R テラーシーホース スペード 250
スタンダード R テラーシーホース スペード 250
パズルアンドドラゴンズR L 狂女神エリス クラブ 2000
パズルアンドドラゴンズR L 狂女神エリス クラブ 2000
パズルアンドドラゴンズR L 龍刀蛇骨姫 ハート 2000
神々の招集者 L 死を運ぶ者レギンレイヴ スペード 2000
神々の招集者 L 死を運ぶ者レギンレイヴ スペード 2000
スタンダード R アビスシャーク スペード 250
パズルアンドドラゴンズR L 深黒の冥界神ハーデス スペード 2000
パズルアンドドラゴンズR L 深黒の冥界神ハーデス スペード 2000
パズルアンドドラゴンズR L 宿意の堕龍契士レーヴェン ハート 2000
スタンダード R アルテミスの矢 クラブ 250
スタンダード C 黄金の林檎 ダイヤ 50
スタンダード C 黄金の林檎 ダイヤ 50
スタンダード C 無常の果実 ハート 50

デッキ分析

カードの種類

タイプ/スート分布

1枚のカードで複数タイプ/スートを所持する場合はそれぞれを1ずつカウント
1枚のカードが同一のタイプ/スートを複数所持する場合は1としてカウント

コスト分布

ライフ分布

アタック分布

デッキのコンセプト

パズドラRになって恫喝レオもパワーアップしました。エリスやグリザル、ハーデスなどの強力なトークンを生み出すクリーチャーをはじめ、蛇骨姫、レーヴェンなどの盤面確保クリーチャーのおかげでより強力になりました。
特にレーヴェンはミラー戦で活躍するカードで、レオのクリーチャーはほとんどライフ6以下、レギンレイヴがライフ7といった程度なので、レーヴェンのおかげでスムーズに盤面の取り返しができるようになっています。
水棲ゼータなどのアグロ相手でも広く活躍でき、忘却の椅子を使うことで恫喝までこなせる壁になります。
洪水とは違って自軍の盤面を破壊しないので、いざというときに使っていけます。

基本的な立ち回り

マリガンではレギンレイヴ、グリザルを狙っていきます。
可能な限り恫喝を使える盤面を維持し、盤面の取り合いに徹します。
相手からすると4コスト・6コストのクリーチャーは常にテラーシーホース、アビスシャークを意識しないといけないので、暗殺がいつでも打てるような立ち回りを心がけていきます。

リーサルはツーパンを視野に入れて相手の体力を調整。
そこからハーデスを伏せ、ハーデス召喚時に不死の探求者トークンを配置。
それに合わせてコシュまるもセットし、鼓舞→コシュまる進化してギア3「ナイトメアリンク」を叩き込むのが最強のムーブです。
このコンボは9MPを支払い、相手能力者に19/16/13ダメージを与えられます。
同じくハーデス召喚からラダマンティス鼓舞をするルートを比較すると、恫喝を撃てない分5+4-1=8と、消費MPが1多くなります。
しかしハーデス・ラダマンティス・探求者の総攻撃の場合は17/14/11ダメージとなるので、コシュまる→ナイトメアリンクの方が総ダメージ量は多いです。

また、ハーデス鼓舞のコンボでなくともスペード死霊+コシュまる→林檎の2体でも(3+6)+αと、そこそこのダメージを与えられるので、サクヤ林檎のような感覚で、なおかつMP消費もやや少なく撃つこともできます。
ラダマンティスは死霊が3体並んでいる盤面でないと真価を発揮できず、サクヤ林檎は相手の盤面がゼロの時でないとフルダメージを与えられません。
この点からも、コシュまる林檎はお手軽に高火力を出せるコンボと言えます。
ただし、スペードクリーチャーがいないとナイトメアリンクを使えないので、忘却の椅子で即座にスペードを用意する等を意識して立ち回る必要があります。

盤面を押さえ込みながら適時能力者を攻撃して、リーサル圏内に入れたらコシュまるをサモンして、ナイトメアリンクを叩き込み、勝負を決めましょう!

この記事へのコメント

コメントはまだありません。

コメントを投稿する

内容をご確認の上、送信してください。