はろのまぎあ@web クロノマギアのデッキ紹介、攻略情報など幅広く紹介してるゲーム攻略サイトです。

2019.4.21
デッキ紹介
神々の招集者環境物質ライザー
作成者
ナナリスさん
デッキコード
122777
能力者
ライザー
ギア
防御指示
大暴れ
ワイルドファング

デッキレシピ

剛弓の狩人オリオン
剛弓の狩人オリオン
鏡神ヤタノカガミ
鏡神ヤタノカガミ
霜の巨人フリームスルス
霜の巨人フリームスルス
刻水の時女神スクルド
聖騎士ヴァルハラ
半壊の機神テュール
半壊の機神テュール
刻風の時女神ヴェルダンディ
刻風の時女神ヴェルダンディ
復讐の巨神クロノス
復讐の巨神クロノス
パラディウムの加護
パラディウムの加護
アルテミスの矢
黄金の林檎
黄金の林檎
デウカリオーンの洪水

※画像をクリックすると、拡大して表示されます。

デッキ分析

カードの種類

タイプ/スート分布

1枚のカードで複数タイプ/スートを所持する場合はそれぞれを1ずつカウント
1枚のカードが同一のタイプ/スートを複数所持する場合は1としてカウント

コスト分布

ライフ分布

アタック分布

デッキのコンセプト

パズドラアディショナル環境で猛威を奮った時女神ライザーをベースに、神々の招集者で追加された物質タイプをふんだんに取り込んだデッキです。
特に強力なカードであるクロノスはもちろん、ステータスだけならバケモノのテュール、剛体持ちかつ墓地破壊までこなせるフリームスルスをはじめとした大型クリーチャーを中心に組み上げています。

基本的な立ち回り

マリガンと序盤

基本は時女神ライザーと同じ立ち回りで、1ターン目か2ターン目に先手でクリーチャーを1体セット、防御指示でシールドを貼るのが基本となります。
先手でセットしていきたいのはヤタノカガミや時女神、場合によってクロノスとなります。
逆に相手がセットしたのに合わせてセットしたいのはテュールやヴァルハラ、フリームスルスあたりですが、必ずこのパターンでやっていると読まれることもあるので、手札や相手にあわせて、テュールを先手でセットしたりしながら相手を迷わせていきましょう。
通常の時女神ライザーと異なる点としては、クリーチャーのコストが全体的に高くなっており、MPの使い方が特に重要となります。先攻1ターン目からセットしていくと、次ターンにセットするクリーチャーがヤタノカガミ以外いなくなってしまうため、2ターン目からセットしていくことも視野に入れておきましょう。

また、アグロ相手の場合はパラディウムの加護が非常に重要となります。
ライザーはある程度継続して戦力を出すことができますが、序盤の立ち上がりと盤面の確保までに若干時間がかかるため、そのスキを狙われないようにしておかないと一瞬で負けてしまいます。

中盤

中盤は、とにかく盤面にクリーチャーを残すことが目的となります。
場持ちのよいテュールやヤタノカガミを壁にしつつ、時女神、フリームスルス、クロノスを通していくことになります。なるべくテュールやヤタノカガミにクリーチャー除去カードを使わせるようにすることで、本命の時女神の生存率を上げることができます。
特に時女神は盤面の取り合いのときには出さず、ある程度盤面が取れることが確定してからダメ押しで出すことも視野に入れておきたいです。
ただ、出し惜しみして盤面を取られてしまうのは最悪ですので、相手の戦力を見ながら投入していきましょう。

終盤とリーサル

リーサルはクロノスか時女神バフからの一斉攻撃となります。
クロノスリーサルの場合はクロノス召喚、アダマスセットから追加で1体セットし、クロノスがなにかを殴ることで一気に攻撃力が上がります。相手はクロノスの除去にMPを注ぐことになるため、そこをセットした2枚で返しつつ盤面を取り返しながら戦力を上げていき、2ショットまたは1ショットで一気に仕留めていきましょう。クロノスを仕留めきれなかった場合は1ショットが比較的余裕の圏内となるため、相手がクロノスを返せそうにないタイミングを狙って仕込むのが理想ですが、MP差がかなりついていないといけないため、あくまでできれば狙う程度となります。
時女神リーサルの場合は盤面確保の後に時女神のバフで攻撃力を上げていき、オリオンなどを絡めて1ショットで倒す動きが理想です。

苦手な相手・カードなど

MPブーストのアグロミルで序盤から先手で速攻を仕掛けられると一気にきつくなります。
パラディウムの加護とヤタノカガミで挑発・マジックターゲットを準備できなければすぐに負けてしまいます。
それ以外のデッキは、そこまで苦手な相手はいませんが、バウンス中心のLOデッキは攻め時をしっかりと見極めて立ち回る必要があるため、なかなかしんどい相手になります。
後は暗殺レオに盤面を取られるとかなりどうしようもなくなるため、序盤で一気に固める必要があります。

代替えカードなど

状態異常無効持ちの戦機王マシンゼウス はスタンダードなカードながら相手を惑わすことができるため、環境にあわせて投入を検討するのもありです。
現環境はタナトスのささやき を始めとしたクリーチャー除去カードを豊富に入れているデッキが多いため、状態異常無効カードとしてマシンゼウスや浄化の守り なども入れたいカードになります。

この記事へのコメント

コメントはまだありません。

コメントを投稿する

内容をご確認の上、送信してください。