はろのまぎあ@web クロノマギアのデッキ紹介、攻略情報など幅広く紹介してるゲーム攻略サイトです。

この記事は、過去のバージョンの内容で記載されています。現在のバージョンでは一部内容がそぐわないものがある可能性がありますのでご了承くださいませ。

2018.11.1
デッキ紹介
ランクマ(パズドラ杯)用星空サリー
作成者
ginaさん
デッキコード
能力者
サリー
ギア
剣の舞
テンプテーション
星空煌光

デッキレシピ

閻魔
ミノタウロス
牛魔王
仮面の魔女キルケー
荒武者レッドゴブリン
荒武者レッドゴブリン
剛弓の狩人オリオン
紅孩児
嬉瞳の魔神爵グレモリー
鋼の獅子ネメア
サタン=ヴォイド
サタン=ヴォイド
聖煌天の麒麟サクヤ
聖煌天の麒麟サクヤ
最強の武士タダカツ
黒海王の鉤爪
黒海王の鉤爪
トロイアの木馬
畳返し
ボレアースの突風

※画像をクリックすると、拡大して表示されます。

デッキを1から作成するのに必要なピース数

スペード : 0

ハート : 6,750

ダイヤ : 3,300

クラブ : 8,550

カードごとの生成コスト

【凰牙の聖戦 / SR 】閻魔 : ダイヤ 1000

【スタンダード / R 】ミノタウロス : クラブ 250

【凰牙の聖戦 / R 】牛魔王 : クラブ 250

【スタンダード / R 】仮面の魔女キルケー : ハート 250

【パズルアンドドラゴンズ / R 】荒武者レッドゴブリン : ハート 250

【パズルアンドドラゴンズ / R 】荒武者レッドゴブリン : ハート 250

【スタンダード / L 】剛弓の狩人オリオン : クラブ 2000

【凰牙の聖戦 / SR 】紅孩児 : クラブ 1000

【パズルアンドドラゴンズ / L 】嬉瞳の魔神爵グレモリー : クラブ 2000

【スタンダード / SR 】鋼の獅子ネメア : クラブ 1000

【パズルアンドドラゴンズ / L 】サタン=ヴォイド : ハート 2000

【パズルアンドドラゴンズ / L 】サタン=ヴォイド : ハート 2000

【パズルアンドドラゴンズ / SR 】聖煌天の麒麟サクヤ : ダイヤ 1000

【パズルアンドドラゴンズ / SR 】聖煌天の麒麟サクヤ : ダイヤ 1000

【凰牙の聖戦 / L 】最強の武士タダカツ : クラブ 2000

【パズルアンドドラゴンズ / SR 】黒海王の鉤爪 : ハート 1000

【パズルアンドドラゴンズ / SR 】黒海王の鉤爪 : ハート 1000

【スタンダード / C 】トロイアの木馬 : クラブ 50

【凰牙の聖戦 / R 】畳返し : ダイヤ 250

【スタンダード / C 】ボレアースの突風 : ダイヤ 50

デッキ分析

カードの種類

タイプ/スート分布

1枚のカードで複数タイプ/スートを所持する場合はそれぞれを1ずつカウント
1枚のカードが同一のタイプ/スートを複数所持する場合は1としてカウント

コスト分布

ライフ分布

アタック分布

コンセプト

先日のパズドラ杯でサリーの最優秀デッキ賞を獲得したデッキです。
バージョン2.0.0環境で使用したデッキですが、2.1.0環境でもデッキ自体には大きな変化はないので、変わらず使っていけるかと思います。
コンセプトは煽動ゼータです。ひたすら盤面処理しつつ、リーサルを狙える状況になったら星空からOTKを仕掛けます。

基本的な戦い方

何より盤面処理を最優先します。
先にキルケーや黒海王の鉤爪を使った場合は、閻魔で回収を目指すと後で巻き返せます。
ライフが6のキャラが多めなので鉤爪で倒されづらいです。
洪水の対策がタダカツ頼りになりますが、なるべく行動せずにMP回復を優先することで巻き返しも可能です。

マリガンについて

マリガンは相手にもよりますが、キルケー、サタン、鉤爪、ネメア、サクヤあたりを優先して確保してください。

リーサル

クラブ・ハートの2体が立てばギア2が使えるので盤面処理しつつマナを残し、キリンを伏せた次のターンで6マナあればギア3でotkが1番のリーサルプランでした。
サブプランはlo気味で木馬です。
盤面サクヤ混み・クリーチャーの攻撃力が全員4の状況でギア3を打つとライフブーストミルでも26点削れます。他は全てワンパン可能です。

入れ替え候補

風神やダンタリオンなど、お好みで投入してみてください。

この記事へのコメント

  1. [11] gina 2018年11月1日21:22:05
    添削ありがとうございました汗 プレイスタイルで好みが出る構成なので色々入れ替えて使ってみてください。細かなまわし方興味ある方はTwitterのDMお待ちしております

コメントを投稿する

内容をご確認の上、送信してください。