はろのまぎあ@web クロノマギアのデッキ紹介、攻略情報など幅広く紹介してるゲーム攻略サイトです。

 

この記事は、過去のバージョンの内容で記載されています。現在のバージョンでは一部内容がそぐわないものがある可能性がありますのでご了承くださいませ。

ムーンフェイズ型クイックミル

2019年4月03日 13:23:09 記事を書いた人:harowaku

デッキのレシピ

基本情報

作った人 雨宮
能力者 ミル
ギア クイック
ムーンフェイズ
チャージブースト
デッキコード 168220

レシピ

ウィスプ
ウィスプ
かるた取りの女王ジャンヌダルク
くノ一ハツメ
秘境の大魔女サレーネ
秘境の大魔女サレーネ
閻魔
閻魔
月狼ハティ
神機プルトス
逆神の熾天使ルシファー
回想の時女神プレーナ
聖煌天の麒麟サクヤ
絶島の大魔女リーチェ
聖夜のサンタクロースヘラ
アルテミスの矢
黄金の林檎
畳返し
タナトスのささやき
デウカリオーンの洪水

※画像をクリックすると、拡大して表示されます。

デッキのコンセプト

ベースはクイックミルですが、ギア2にムーンフェイズを採用したタイプのデッキとなっています。
対策カードを多く積み、ムーンフェイズで必要なカードをひたすら掘り当てつつ柔軟に対処していくことで盤面を確保、最後はプルトスやサクヤで一気にリーサルを狙っていきます。

基本的な戦い方

序盤はサレーネやウィスプをセットしていき、ムーンフェイズを狙いつつ手札補充と相手のデッキの傾向を探っていきます。
サレーネやウィスプでMPをしっかり確保・温存しつつ、ムーンフェイズで手札を補充することでデッキの回転を良くしていくのが狙いです。
ある程度相手のデッキの傾向が分かってきたら、そのデッキに有効な対策カードを確保・取捨選択しつつ盤面のやりとりを行っていき、最終的にはプルトスやサクヤでリーサルを取ります。
ただ、プルトスやサクヤはデッキに1枚しかないため、使い所の見極めが重要になります。
特に相手が強制サモンのマジックを使った後や、仮に強制サモンされても処理できなさそうなタイミングなど、盤面の見極めが重要となります。
また、プルトス召喚からの一連の流れで倒しきれない相手は、プルトスと同時にカードをセットしたり、事前に削っておくなどの対応が必要となります。

どうしても盤面を取り切れず、相手に盤面を取られた場合は洪水やサンタヘラなどの盤面を荒らすカードや、4コストのカードを2枚セットする等で対応していくことになります。

リーサルプラン

1)プルトスセット→次ターンにルシファーをクイックで召喚→ハティをレベルアップ召喚
25/21/17ダメージ
※プルトスをセットしたターンの終了時にMPが5(プルトスを召喚したターンにMP10)必要

2)サクヤセット→クイック→総攻撃
※ダメージはセットしてあるカードによります。

3)ハティ速攻→クイックでルシファー召喚
MP15、14/11/8

4)サクヤ林檎→クイックでウィスプ召喚
MP14、14/12/10
※相手の盤面にクリーチャーがいないときの最大ダメージ

5)閻魔でデッキを循環させつつ盤面のやりとりを行い、最終的にLOスリップダメージ込みの総攻撃

3)や4)は、事前に相手を削っておいて、トドメの追撃として使います。

苦手なカードや対戦相手など

とにかく相手に盤面のやりとりで粘られて、最終的にLOに持ち込まれると苦しいです。
時間を稼ぎつつ、豪武官タムラマロ愛執の断龍喚士ロシェなどでフィニッシュを狙ってくるデッキは盤面のやり取りで裏をかくかプルトスを強引に通すぐらいしかありません。
それ以外のデッキについては、ミル自身のパワーと対応力の高いデッキ構成でそこまで苦手とする相手はいません。

代替えカードなど

いずれも唯一性能で必須のカードとなっており、代替えの効くカードはありません。先置きできるダイヤカードが6枚しかないので、対応力を減らして知将オデュッセウスを入れるのもなくはないですが、しっかりムーンフェイズを仕掛けていければ特に困ることはないでしょう。
環境によっては墓地破壊や6コスト以上をターゲットにできるゼウス=ヴァースを入れるのもありです。

この記事へのコメント

コメントはまだありません。

コメントを投稿する

内容をご確認の上、送信してください。