はろのまぎあ@web クロノマギアのデッキ紹介、攻略情報など幅広く紹介してるゲーム攻略サイトです。

この記事は、過去のバージョンの内容で記載されています。現在のバージョンでは一部内容がそぐわないものがある可能性がありますのでご了承くださいませ。

2019.1.4
デッキ紹介
フュージョンゼータ
作成者
大久保カナブンさん
デッキコード
141520
能力者
ゼータ
ギア
ドラゴンフュージョン
 
ドラゴンビート
 
ドラゴンソウル

デッキレシピ

ドラゴンソード
ドラゴンソード
ドラゴンチャリス
ドラゴンチャリス
麗竜ピューティアー
麗竜ピューティアー
ドラゴンナイト
ドラゴンナイト
瞬滅の赤龍契士ガディウス
瞬滅の赤龍契士ガディウス
荒龍契士6号
荒龍契士6号
永劫の青龍喚士ソニア
永劫の青龍喚士ソニア
邪竜ヤマタノオロチ
邪竜ヤマタノオロチ
黄金の林檎
黄金の林檎
畳返し
デウカリオーンの洪水

デッキレシピとギアの画像

※画像をクリックすると、拡大して表示されます。

デッキを1から作成するのに必要なピース数

スペード : 8,550

ハート : 9,000

ダイヤ : 350

クラブ : 0

カードごとの生成コスト

【スタンダード / R 】ドラゴンソード : スペード 250

【スタンダード / R 】ドラゴンソード : スペード 250

【スタンダード / R 】ドラゴンチャリス : ハート 250

【スタンダード / R 】ドラゴンチャリス : ハート 250

【スタンダード / SR 】麗竜ピューティアー : ハート 1000

【スタンダード / SR 】麗竜ピューティアー : ハート 1000

【スタンダード / R 】ドラゴンナイト : ハート 250

【スタンダード / R 】ドラゴンナイト : ハート 250

【パズルアンドドラゴンズ / L 】瞬滅の赤龍契士ガディウス : ハート 2000

【パズルアンドドラゴンズ / L 】瞬滅の赤龍契士ガディウス : ハート 2000

【パズルアンドドラゴンズ / SR 】荒龍契士6号 : ハート 1000

【パズルアンドドラゴンズ / SR 】荒龍契士6号 : ハート 1000

【パズルアンドドラゴンズ / L 】永劫の青龍喚士ソニア : スペード 2000

【パズルアンドドラゴンズ / L 】永劫の青龍喚士ソニア : スペード 2000

【凰牙の聖戦 / L 】邪竜ヤマタノオロチ : スペード 2000

【凰牙の聖戦 / L 】邪竜ヤマタノオロチ : スペード 2000

【スタンダード / C 】黄金の林檎 : ダイヤ 50

【スタンダード / C 】黄金の林檎 : ダイヤ 50

【凰牙の聖戦 / R 】畳返し : ダイヤ 250

【スタンダード / C 】デウカリオーンの洪水 : スペード 50

デッキ分析

カードの種類

タイプ/スート分布

1枚のカードで複数タイプ/スートを所持する場合はそれぞれを1ずつカウント
1枚のカードが同一のタイプ/スートを複数所持する場合は1としてカウント

コスト分布

ライフ分布

アタック分布

コンセプト

バージョン2.1.0環境でなくなったリペアハートに変わって追加されたドラゴンフュージョンを活用していくデッキです。
ドラゴンフュージョンは体力こそ削られますが、手札のコストを下げつつMPを回復することができ、中型〜大型の多いドラゴンをより活用しやすくなります。

マリガンについて

マリガンでは、ハートのドラゴンを2枚キープできるように交換していきます。
強制サモン系のギアを持っている能力者などでは、ガディウスやオロチなどのめくられてもよいカードをキープしていきます。

基本的な戦い方

ハートのドラゴンを盤面に維持しつつ、高MPとコスト低下で圧をかけていくことになります。要所で林檎や畳を活用しつつ、なるべく盤面を維持しつづけるよう立ち回っていくことが重要になります。
リーサルは、ドラゴンビートやドラゴンソウルでバフをかけつつ1ターンキルに持っていくことになります。

改訂履歴

2019/1/4 バージョン2.2.1環境対応

この記事へのコメント

  1. [38] harowaku 2019年1月5日00:23:09
    >匿名さん
    ご指摘ありがとうございます。
    パリスをガディウスに訂正させていただきました。
  2. [37] 匿名 2019年1月4日09:30:51
    >>強制サモン系のギアを持っている能力者などでは、パリスやオロチなどのめくられてもよいカードをキープしていきます。

    1/4改定に合わせて本文訂正願います。サンプルにパリス居ません。

コメントを投稿する

内容をご確認の上、送信してください。