はろのまぎあ@web クロノマギアのデッキ紹介、攻略情報など幅広く紹介してるゲーム攻略サイトです。

この記事は、過去のバージョンの内容で記載されています。現在のバージョンでは一部内容がそぐわないものがある可能性がありますのでご了承くださいませ。

2019.11.25
デッキ紹介
ビーストコンバットライザー
作成者
MINAKIさん
デッキコード
140632
能力者
ライザー - Raizer
ギア
ナイフアタック
 
大暴れ
 
ビーストコンバット

デッキレシピ

獣帝サブナック
獣帝サブナック
木の猫龍ミケニャドラ
木の猫龍ミケニャドラ
疾風の獣戦士アタランテー
疾風の獣戦士アタランテー
竜策士パリス
剛弓の狩人オリオン
剛弓の狩人オリオン
神罰の審理者メタトロン
魔人将ホウセン
大海獣オケアノス
大海獣オケアノス
アルテミスの矢
アルテミスの矢
黄金の林檎
黄金の林檎
魔女の魔法
魔槍グングニール
魔槍グングニール

デッキレシピとギアの画像

※画像をクリックすると、拡大して表示されます。

デッキのレアリティ

L 7
SR 6
R 4
C 3

デッキを1から作成するのに必要なピース数

スペード 12,000
ハート 0
ダイヤ 2,100
クラブ 10,550
トータル 24,650

カードごとの生成コスト

カードセット レア度 カード名 ピースのスート 必要ピース数
神々の招集者 SR 獣帝サブナック スペード 1000
神々の招集者 SR 獣帝サブナック スペード 1000
エクストラパック R 木の猫龍ミケニャドラ クラブ 2000
エクストラパック R 木の猫龍ミケニャドラ クラブ 2000
スタンダード SR 疾風の獣戦士アタランテー スペード 1000
スタンダード SR 疾風の獣戦士アタランテー スペード 1000
スタンダード L 竜策士パリス スペード 2000
スタンダード L 剛弓の狩人オリオン クラブ 2000
スタンダード L 剛弓の狩人オリオン クラブ 2000
パズルアンドドラゴンズ L 神罰の審理者メタトロン スペード 2000
凰牙の聖戦 L 魔人将ホウセン クラブ 2000
スタンダード L 大海獣オケアノス スペード 2000
スタンダード L 大海獣オケアノス スペード 2000
スタンダード R アルテミスの矢 クラブ 250
スタンダード R アルテミスの矢 クラブ 250
スタンダード C 黄金の林檎 ダイヤ 50
スタンダード C 黄金の林檎 ダイヤ 50
スタンダード C 魔女の魔法 クラブ 50
パズルアンドドラゴンズ SR 魔槍グングニール ダイヤ 1000
パズルアンドドラゴンズ SR 魔槍グングニール ダイヤ 1000

デッキ分析

カードの種類

タイプ/スート分布

1枚のカードで複数タイプ/スートを所持する場合はそれぞれを1ずつカウント
1枚のカードが同一のタイプ/スートを複数所持する場合は1としてカウント

コスト分布

ライフ分布

アタック分布

デッキのコンセプト

アグロライザーと呼ばれるデッキの1つで、ひたすら相手能力者のライフを削っていきつつ、ギア3のビーストコンバットを狙って仕掛けていくデッキになります。
序盤はオケアノスやサブナックで相手を削りつつ、スペードクリーチャーを2体残すことができたら次ターンにオリオンを速攻で呼んでからビーストコンバットにつなげていくのを目標にします。
なお、ビーストコンバットを使うためにはサブナック含むスペード+クラブ、スペード2枚+オリオン速攻、盤面にスペードクリーチャー2体を含む3体クリーチャーがいる状態で魔女の魔法で豚に変化させることで、ギアの発動条件を満たすことが可能です。

基本的な立ち回り

マリガンではオケアノス、サブナックあたりを狙っていきます。
特にオケアノスは、本体が生き残れば次ターンにオリオンを速攻でサモンしていくことでビーストコンバットを狙っていけるため、積極的に狙っていきたいカードになります。
オケアノスサモンの後にミケニャドラをセットしておくと、オケアノスを倒されたとしてもミケニャドラ+海坊主で大暴れから盤面を返しやすくなります。
同じ剛体持ちでも、ギア3に絡みづらいミケニャドラは盤面確保、ギア3のパーツになるサブナックはリーサル狙いで活用していきたいカードとなっています。状況によっては、サブナック+ミケニャドラを同時にセットし、速攻でアタランテーを出してからビーストコンバットを狙っていくことも視野に入れておきたいです。

この記事へのコメント

コメントはまだありません。

コメントを投稿する

内容をご確認の上、送信してください。