はろのまぎあ@web クロノマギアのデッキ紹介、攻略情報など幅広く紹介してるゲーム攻略サイトです。

2019.11.7
デッキ紹介
タッチドラゴン恫喝レオ
作成者
りうむさん
デッキコード
113240
能力者
レオ
ギア
恫喝
暗殺
デスペラード

デッキレシピ

ヴァッサゴー
暴虐の女帝ベリアル
テラーシーホース
テラーシーホース
海魔スキュラ
ヘビーメタルドラゴン
死竜騎兵ムルムル
死竜騎兵ムルムル
海王神ネプチューン
地獄の女帝ヘル
女神龍契士ティア
アビスシャーク
聖竜ソロネ
冥府の権化タルタロス
冥府の権化タルタロス
邪竜ヤマタノオロチ
黄金の林檎
黒海王の鉤爪
眠りのこづち
大地の目覚め

※画像をクリックすると、拡大して表示されます。

デッキを1から作成するのに必要なピース数

スペード : 6,750

ハート : 8,500

ダイヤ : 6,050

クラブ : 1,000

カードごとの生成コスト

【神々の招集者 / SR 】ヴァッサゴー : ハート 1000

【神々の招集者 / L 】暴虐の女帝ベリアル : ハート 2000

【スタンダード / R 】テラーシーホース : スペード 250

【スタンダード / R 】テラーシーホース : スペード 250

【スタンダード / R 】海魔スキュラ : ハート 250

【パズルアンドドラゴンズ / R 】ヘビーメタルドラゴン : ハート 250

【神々の招集者 / SR 】死竜騎兵ムルムル : ハート 1000

【神々の招集者 / SR 】死竜騎兵ムルムル : ハート 1000

【パズルアンドドラゴンズ / SR 】海王神ネプチューン : スペード 1000

【神々の招集者 / L 】地獄の女帝ヘル : ダイヤ 2000

【神々の招集者 / L 】女神龍契士ティア : ハート 2000

【スタンダード / R 】アビスシャーク : スペード 250

【神々の招集者 / L 】聖竜ソロネ : スペード 2000

【スタンダード / L 】冥府の権化タルタロス : ダイヤ 2000

【スタンダード / L 】冥府の権化タルタロス : ダイヤ 2000

【凰牙の聖戦 / L 】邪竜ヤマタノオロチ : スペード 2000

【スタンダード / C 】黄金の林檎 : ダイヤ 50

【パズルアンドドラゴンズ / SR 】黒海王の鉤爪 : ハート 1000

【凰牙の聖戦 / SR 】眠りのこづち : スペード 1000

【パズルアンドドラゴンズ / SR 】大地の目覚め : クラブ 1000

デッキ分析

カードの種類

タイプ/スート分布

1枚のカードで複数タイプ/スートを所持する場合はそれぞれを1ずつカウント
1枚のカードが同一のタイプ/スートを複数所持する場合は1としてカウント

コスト分布

ライフ分布

アタック分布

デッキのコンセプト

通常の恫喝レオに竜タイプを加え、場持ちと展開力をブーストしたタイプのクリーチャーメインなデッキです。
竜タイプが入る分、どうしても死霊タイプが少なくなるため、そこをムルムルやタルタロスで補強しています。
暗殺はあくまで見せ球で、メインはクリーチャーの圧で押しつぶす戦い方を意識すると良いでしょう。

基本的な立ち回り

先攻ならならムルムル、後攻ならムルムルに加えてティアとソロネなどの竜タイプをマリガンで確保しておきます。
先手で仕掛けるときはムルムルからスタートし、相手のセットカードに合わせて戦力を補強していくのが基本的な流れになります。
無理に暗殺盤面を組んで押さえるのではなく、相手から見たらこれは暗殺盤面に見えるだろうというセットカードを心がけることで相手の動きを止める戦い方を心がけていきましょう。
具体的には、盤面にムルムルがいる状態でティアをセットすると、相手には暗殺盤面を警戒し、セットされるカードが緩くなりがちなので、そこでティアの効果でコストを下げて一気に盤面を固めるといった流れです。
もちろん、不意に暗殺が打てる盤面で後続を断つ動きも入れつつ撹乱すれば刺さることも多いです。
リーサルはヴァッサゴーやスキュラからのデスペラードが強力です。隙を伺って黄金の林檎や大地の目覚めを絡めつつ一気に畳みかけていきましょう。

ベリアルについて

ベリアルは、レオの苦手な物質ライザーや、よく見かけるテュールやクロノスに刺さりやすいのでキラーを常に意識しておきましょう。また、竜の咆哮はデスペラードと相性がよく、盤面一掃しえからデスペラード、竜の咆哮ぁけでも相手能力者に9/8/7ダメージを与えることができます。
盤面にデスペラードと竜の咆哮の発動条件を満たす必要がありますが、盤面に3体クリーチャーがいれば比較的条件を満たしやすいので、リーサル手段の確保のためにも盤面確保をしっかり行なっていくことが重要となります。

この記事へのコメント

コメントはまだありません。

コメントを投稿する

内容をご確認の上、送信してください。