はろのまぎあ@web クロノマギアのデッキ紹介、攻略情報など幅広く紹介してるゲーム攻略サイトです。

 

この記事は、過去のバージョンの内容で記載されています。現在のバージョンでは一部内容がそぐわないものがある可能性がありますのでご了承くださいませ。

クリスマス杯(マジック5枚制限)

2018年12月21日 10:36:26 記事を書いた人:harowaku

この環境について

バージョン2.2.0でパズドラアディショナルカードが追加されて最初のランクマということで、序盤は環境が読めず、LOエレナ、悪魔エレナが多かったですが、研究が進んでいくにつれて結局ミルが強いんじゃないか、ということで徐々にミルが増えてきました。
本環境の特徴として、「マジック5枚制限」というアグロミルに対してとことんきつい環境ですので、アグロミルはデッキ自体が成立せず、ほぼ自然消滅した形となっています。

Tier1

序盤こそエレナばかり使われていましたが、後半になるにつれてデッキがかなりバラけており、飛び抜けてデッキが偏っているということもありませんでした。
Tier1はデッキのポテンシャルで選んでいます。

クイックミル

立ち回りさえしっかりしていれば、アグロでもコントロールでも立ち回れる器用さが特徴のデッキです。
4コストダイヤクリーチャーを軸に、エンケラドス、リィ、プレーナ、リーチェなどの盤面コントロールできるクリーチャーを呼んで盤面制圧したり、天ルシ、プルトス、サクヤなどの攻撃的なクリーチャーをクイックで呼び出すことで一気にトドメを刺すこともできます。
ただ、攻守の判断や立ち回りが難しく、ただクイックで呼べばいいというものでもないので、使用者自体はそこまで多くはないデッキではあります。

キーカード

秘境の大魔女サレーネ、恐龍契士リィ、回想の時女神プレーナ、逆神の熾天使ルシファー、神機プルトスなど

悪魔エレナ

前環境でも猛威を奮った悪魔エレナです。魔導書の幻魔イルミナが加わり、さらに守りが強くなったことでより安定したデッキとなりました。
ウェイクアップの手軽さ、エレナの硬さ+MP回復力で、カードを揃えてしまえば比較的容易に使えることもあって人気のあるデッキ型です。
もちろん雑に使えば雑な強さでしかないので気をつけましょう。
しっかり状況を見極めての立ち回りをすることで、エレナらしからぬ爆発力を見せられるのも魅力の1つですね。

キーカード

牛魔王、魔族の母エキドナ、霊龍契士ラジョア、魔導書の幻魔イルミナ、魔忍長ハンゾウなど

Tier2

ミッドレンジ風LOエレナ

LOエレナは大きく分けてデッキタイプが2つあり、まとめてしまえばTier1になりそうですが、デッキの方向性がかなり違うことから別々の評価としています。
高ステータスのクリーチャーを多く採用し、圧倒的な破壊力で盤面を制圧しつつリーサルにLOを準備するデッキです。スタンダード環境からある光の壁エレナ、アニマルエレナの亜種・現環境対応版と考えるとわかりやすいと思います。
光の壁でクリーチャーを強化しつつ、ハンゾウ、イルミナ、エンケラドスなどで守備面を補強、朱雀で削られたライフを補充しつつLOまで耐えしのぐのが大筋の流れとなります。
フィニッシャーは不動のジョーカーが多いですね。
デッキによってはウルドやサタンヴォイドなどを採用したり、工夫のあるデッキも多いです。

キーカード

ジョーカー、魔忍長ハンゾウ、エンケラドスなど

アグロシキガミ

前環境ではアグロミルと並んでTier1でしたが、今環境ではアグロミルがいない関係でTier2としています。もともとシキガミはアグロ環境では滅法強く、コントロール環境では滅法弱い能力者でした。
過去のコントロール環境としては凰牙アディショナルの孫悟空が流行った時期などがあります。
今回はアグロ環境の推進剤であるアグロミルが息をしていないことから、それにつられてアグロシキガミも環境的に辛い立場に追いやられてしまいました。
ただ、アグロミルとは違いアグロシキガミはデッキ制限を全く受けないデッキですので、死霊カードのポテンシャルを最大限発揮してぶん回すパワープレイも可能なことから、アグロミルより光のあるデッキです。

キーカード

ノブナガ、イチ、ランマル、ラダマンティスなど

Tier3

バウンスLOエレナ

新カード「聖夜の奇跡」が1コストで相手に手札を引かせる効果が追加されたことにより、LOまでのスピードが一気に加速しました。
山札を枯らせつつ、相手のクリーチャーを風神やプレーナ、威嚇で押さえ込みながらフィニッシュでジョーカー木馬が相手を問わず強力な立ち回りになります。
本来苦手とするアグロデッキが制限によりほぼ死滅したことから、コントロール系のデッキということで序盤から人気のあるデッキです。
ただ、LO同士ではほぼほぼ引き分けになること、また、他のデッキも閻魔が標準装備のデッキが増えたことからTPを稼げないということで少しずつ減ってきました。

キーカード

聖夜の奇跡、トロイアの木馬、ジョーカー、回想の時女神プレーナ、風神など

その他のTier3デッキ候補

個別に項目を立てて解説するほど明確なTier3ではないけど、ポテンシャル的には十分入りそうなところをまとめて掲載します。
・ムーブナイト
・人カリン
・クラブライザー
・タッチ人精霊ホノカ

総評

今回のランクマは序盤こそLOエレナなどのコントロール1強と思われましたが、蓋を開けてみると悪魔エレナ、クイックミルの2強という結果になったと思います。
特に、プルトス+ルシファーなどの動きが見つかってからは、一気にクイックミルが増えました。
前環境ほど何もできないということはなかったと思いますが、気づいたら盤面制圧されてた/負けてたという試合が多かったのではないでしょうか。
パズドラアディショナルカードの中ではプレーナ、サレーネ、ルシファーをはじめ、各種のデッキに変化をもたらしたカードがいくつか見受けられました。
他にもデッキごとにいろいろなキーカードが追加されましたので、構築の幅が広がったデッキも多かったようです。
特にムーブ型ナイトはバランス調整と合わせて大躍進したデッキタイプでした。
一度崩されてしまうと立て直すのが難しいですが、初動に強く当たっていくことで一気に盤面を制圧、そのまま卓球のように飛んできたボールを跳ね返していけば試合終了という結構ひどいレベルの試合もあったことでしょう。ひどいレベルでバランス取れてるなんてことがなければいいのですが・・・
マジック5枚制限という特殊な環境でのランクマだったのですが、バランスがいいと思う人とバランスが悪いと思う人とで極端に分かれそうな環境だったと思います。
個人的には、環境制限で特定のデッキタイプを潰すのはもったいないと思いましたが、皆さんはいかがだったでしょうか。
次のランクマは年明けを挟むのでかなり先になりそうな感じですが、今回と同じように環境調査とその報告を行っていきたいと思いますので、よろしければ今後もお付き合いいただければと思います。

この記事へのコメント

コメントはまだありません。

コメントを投稿する

内容をご確認の上、送信してください。