はろのまぎあ@web クロノマギアのデッキ紹介、攻略情報など幅広く紹介してるゲーム攻略サイトです。

 

特殊効果・状態異常一覧

2018年11月18日 01:26:20 記事を書いた人:harowaku

特殊効果

原則として、味方に有利になる効果の一覧です。

挑発

クリーチャーが攻撃する際、挑発持ち以外のクリーチャー・能力者をターゲットに取ることができなくなる効果。
複数挑発持ちがいた場合は挑発持ちすべてに対して攻撃可能。

速攻

セットした直後、すぐにサモンされる効果
眠りのこづちのような、セット状態に戻す効果を使用した場合、すぐにサモン状態に戻り、再度行動可能になる。
孫悟空の効果でセット状態に戻った場合もサモン状態に戻り、待機MPボーナスが獲得可能。

マジックターゲット

相手クリーチャーに使えるマジックを使う際、マジックターゲット持ち以外のクリーチャー・能力者を選ぶことができなくなる効果。
挑発のマジック版。味方がマジックターゲットを持っている場合は関係なし。
盤面に使うマジック(黄金の林檎など)も影響を受けない。
※バージョン2.3.0より、「マジック挑発」から「マジックターゲット」に名称が変更されました。

状態異常無効

即死、麻痺、変化(魔女の魔法など)、石化、毒を無効化できる効果。
セット中から効果を発揮する。
手札に戻す効果は無効化できない。

反撃

クリーチャーから攻撃を受けたとき、反撃持ちのクリーチャーが死亡しなかった場合、攻撃してきたクリーチャーに対して、反撃持ちのクリーチャーの攻撃力分のダメージを与える効果。クリーチャーに0ダメージを与えた場合(攻撃力0のクリーチャーが攻撃したり、攻撃力3のクリーチャーがシールド・反撃持ちのクリーチャーにアタックした場合など)は発動しない。

○○キラー

○○はスペード、ハートなどのスートやタイプなど。
対象のクリーチャーを攻撃した際、○○で指定されたタイプやスートを1つでも持っている場合、追加で固定3ダメージを与える効果。
反撃持ちのクリーチャー相手にキラー持ちが攻撃した場合、キラーのダメージを含めて死亡しなかった場合のみ反撃を受ける。
例)タダカツ(人型・ライフ5・反撃持ち)に閻魔(攻撃力4・人型キラー持ち)が攻撃した場合、タダカツの反撃は発動しない。

2回行動

攻撃を2回行える効果。
行動済みのクリーチャーに2回行動を付与した場合、次ターン以降に2回行動を行える。
未進化のクリーチャーが2回行動を付与し、1回目の攻撃をすることで進化した場合、進化後のクリーチャーは攻撃を行うことはできない。

移動

対象クリーチャーの盤面位置を、クリーチャーごと入れ替える効果。
ナイトのギア1「ムーブ」や「恐龍契士リィ」の能力者攻撃時効果などの「移動」は、対象のクリーチャーの1つ右隣(一番右側の場合は一番左)と入れ替わる。(Ver.2.1.0現在、常に一定の結果となる)
対戦相手のクリーチャーが移動する場合、1つ左隣と入れ替わり、一番左側の場合は一番右と入れ替わる。
ナイトのギア3「シャッフル」や「ドロップリフレッシュ」などの「ランダムで移動」は、2パターン(123の順に配置されていた場合は231か312のいずれか)の結果となる。

シールド

クリーチャーに対して付与される。
2以下のダメージを無効化できる。
3以上のダメージを受けた場合、シールドは破壊され、与えようとしたダメージから3ダメージ引いたダメージがクリーチャーに与えられる。
3ダメージを与えた場合、反撃効果は発生しない。

進化

状態異常の変化の一種で、カードごとに固有の条件を満たすことで、別のカードに変化する。
進化時は、アタック・ライフの増減、ダメージ、挑発などの特殊効果、毒などの状態異常すべてをリセットされる。
進化することでレアリティやコストも変化する。
アリアドネーの糸や墓地に移動した後に閻魔などで回収した場合、進化後のカードを手札に加えることができる。
状態異常無効効果が付与されている状態でも発動する。

ステルス

対象のクリーチャーは、攻撃を含めた単体指定の行動(マジックやギアなど)の対象にすることができなくなる。
対戦相手はもちろん、味方のクリーチャーでも選択できなくなる。ただし、ランダムで対象を選択する効果(鉤爪やヤマタノオロチなど)や、クリーチャー全体を対象とする効果(ガイアの怒りなど)は対象となる。
1ダメージ以上のダメージを受けるか、ステルス状態のクリーチャーが攻撃するとステルスは解除され、以後再度ステルスが付与されるまで、ステルス状態は解除される。

状態異常

原則として、味方に不利になる効果の一覧です。

ターン開始時、毒を受けたクリーチャーのライフが1、2、4、8、16…と減少する。(2の累乗数)
状態異常無効が付与されると、毒は消える。
毒状態のクリーチャーに麻痺、石化を上書きすると毒は消える。

麻痺

そのクリーチャーのターン終了まで、攻撃が行えなくなる。
マジックやギアの対象・コストにしたり、ターン終了時の未行動ボーナスは獲得可能。
麻痺状態のクリーチャーに毒を上書きすると、麻痺は消える

石化

そのクリーチャーのターン終了まで、下記の特殊な状態に変化させる効果。
1.石化クリーチャーは相手のクリーチャーや能力者に対して攻撃することができない。
2.石化クリーチャーを対象に攻撃したり、ギアやマジックを使うことはできない。
3.石化クリーチャーが未行動のままターン終了しても待機ボーナスは発生しない
4.全体に効果を発揮するギアや特殊能力、マジックなどは対象になる。
5.ランダムなクリーチャーに対して発揮するギアや特殊能力、マジックなどは対象になるもの(鉤爪、威嚇など)とならないもの(サクヤ、マイナデスの森、オロチなど)がある。
6.石化クリーチャーに対してなんらかの効果が使用された場合、移動効果と状態異常無効効果以外の効果やダメージは全て無効化される
7.石化クリーチャーに対して状態異常無効効果を使用した場合、石化状態は解除される。
8.石化クリーチャーに対して移動効果を使用した場合、石化状態のまま移動する
9.石化クリーチャーの所持するスートやタイプはギアのコストとすることができない(ギアは石化クリーチャーがいないときに使えるギアのみ使用可能)
10.石化クリーチャーにクリーチャーを重ねてレベルアップ召喚をすることはできる。レベルアップ後のレベルは通常と同様に、石化クリーチャーのレベルが1なら2に、2ならMAXになる。
11.茶釜の狸は、正面のクリーチャーが石化していても対象のクリーチャーに変化できる

変化

対象のクリーチャーを、そのゲームが終わるまでの間、別のカードに変更する。
例えばマジックの魔女の魔法は、対象のカードを「ブタ」というカードにする効果だが、ブタにされたカードを眠りのこづちでセットしなおしたり、アリアドネーの糸で手札に戻したり、墓地に行ったとしてもそのカードのまま、もとに戻すことができない。
パンドラの箱は、当該マジックカードを物質クリーチャーに変化させてセットするという効果のマジック。

強制サモン

セット中のクリーチャーをサモン中にする。
強制サモン効果+ダメージ発生効果を使用して対象のクリーチャーを倒した場合、サモン時効果は発動せず、死亡時効果は発動する。

即死

対象のクリーチャーを、ライフの残量がいくらであっても0になる。
即死効果を受けた場合でも、死亡時に発動する効果は発動する。

手札に戻す

通称バウンス。
サモンされているクリーチャーを、そのオーナーの手札に戻す効果。
稀にセットされているカードを対象にとるものもある。(アトラースビートル、ホノカのギア2など。)
サモン状態、セット状態対象共通で、状態異常無効では防ぐことはできない。
現状、手札に戻す効果を防ぐカードはなく、サモン状態のカードを手札に戻す効果の場合だとレベルアップサモンなどでセット状態にするぐらいでしか防ぐ方法はない。

この記事へのコメント

コメントはまだありません。

コメントを投稿する

内容をご確認の上、送信してください。